FC2ブログ
        

新しい友達

2013/ 02/ 14
                 
クッキーのお散歩

 朝、新聞を取りに玄関の扉を開けたら、Kさんの奥さんとクッキーが家の前を通るところでした。丁度、日課のお散歩に行くタイミングと重なりました。
 彼はとても気立てが良くて、私を見つけるといつもこちらに駆け寄って、尻尾を振ります。
 彼の首筋あたりを優しく数回撫でて、お散歩いいね!といって、送り出すのも、いつもの私の仕種です。

 クッキークンが、Kさんの家族となった頃、散歩コースとなっている我が家の前で、ムッちゃんとは、当然、挨拶を交わす仲となりました。ムッちゃんは、雌雄関係なく誰にでもすぐに気に入られましたが、本人も素直な子犬に対しては殊のほか優しく接していたように思います。

 ムッちゃんが亡くなってから久しいですから、ということからすると、彼は13歳か14歳位の年齢になっているはずです。相変わらず動作はきびきびしていて、若さハツラツといったところです。
 人間と同様、「歳・年齢」で表す数字だけを捉えて、若さとか老いを図る尺度とするのは、間違いの元といってもよろしいのではないでしょうか。初対面の人は、私の顔立ちや動作などをみて、言動を聞いて、実際の年齢より、(私を何歳位にみるのだろうという私自身が思った以上に)、相当若くみてくれますので、そう思います。






新しい友達
瀬下梓 作 「新しい友達」 20130128u009
・掛け軸画よりトリミング











関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント