FC2ブログ
        

女神たちの愛の歌  ヴァイオリン千住真理子、ピアノ仲道郁代、チェロ長谷川洋子

2018/ 10/ 24
                 

 トリオというと、三人組の演奏活動という感じが強いので、ここでは、三重奏ということに致します。
 
 ヴァイオリン、千住真理子さん、ピアノ、仲道郁代さん、そしてチェロ、長谷川洋子さんの三重奏のご案内が、eメールで届きました。
 文化センターを運営している公益財団法人鴻巣市施設管理公社がお届けするメールマガジンです。

プログラムは、
J.S.バッハ    無伴奏チェロ組曲第1番よりプレリュード(Vc.)
ポッパー     ハンガリー狂詩曲(Vc. / Pf.)
ドビュッシー   月の光(Pf.)
ショパン     バラード第1番(Pf.)
マスネ      タイスの瞑想曲(Vn. / Pf.)
パガニーニ    24のカプリスより第24番(Vn.)
J.S.バッハ    インヴェンション第1番(Vn. / Vc.)
         インヴェンション第7番(Vn. / Vc.)

  クレアこうのす(鴻巣市文化センター)で、2019年3月10日(日)、午後3時開演のチケット 【音楽の女神たちによる豪華共演!”女神たちの愛のうた”】
は、オンライン先行予約が10月26日(金)午前10時から、窓口では10月27日(土)午前9時から、電話では同日午前10時からそれぞれ受付となっています。

 今まで千住真理子さんのヴァイオリンは、ソロ(実際のところは、ピアニストも同伴)で何回か聴いたことはありますが、他の音楽家との共演での演奏は目の当たりにしたことがありませんので、是非行ってみたいと思いました。
 仲道郁代さんのピアノは、共演者の川井郁子さんのヴァイオリンとの二重奏を、ここクレアこうのすで聴いていますので、久しぶりのお姿拝見となります。
 長谷川洋子さんのチェロは、今回初の御目文字となります。
 三人で奏でる”女神たちの愛のうた”、どんなひと時となるのでしょうか。


 埼玉県鴻巣市中央29-1
 電話番号 0570-666-534.048-540-6540.


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

Re: ブログを始めたきっかけは・・・
> 初めまして。「管理者のみ・・・」ということでしたので、頂いたコメントは非表示とさせて頂きました。
> 私がブログを始めたきっかけは、我が家の愛犬との思い出を記録にとどめておきたいという気持ちから スタートしました。
> 彼と一緒の生活は、私たち家族にとってもMUCCHANにとっても、 いつの間にかお互いがかけがえのない存在となっていました。
> 私は音楽は疎い方ですが、東京時代にリヒテルのピアノを聴いてから、 クラシカルな音色に心が揺り動かされるようになり、その後は、時折音楽会に出向くようになりました。
> 「彩の国埼玉芸術劇場」での、世界各国のピアニストシリーズ(中村紘子監修)のソロコンサートによる演奏は、 仕事が多忙な日々にあって、オアシスのような存在となりました。