FC2ブログ
        

一杯のラーメン  NHK朝ドラ「まんぷく」10月29日放送

2018/ 10/ 29
                 

 第5週「信じるんです!」

 疎開していた福ちゃん、萬平さん、鈴さんは大阪に帰ってきました。
 待っていたのは敗戦後の厳しい現実。大空襲を受けた大阪では、ほとんどの家々が焼け、食料が大きく不足していました。

 屋台で、福ちゃんと萬平さんが、一杯の中華そばを交互に啜ります。
 ・・・ ・・・ ・・・
 突如、小学生の頃を思い出しました。
 小諸に住んでいた時、兄が中華そば屋に私を連れて行ってくれたことがあります。
 一杯の中華そばを、二人で交互に食べあいます。
 親子連れの二人がお店に入ってきました。
 男の子は兄の同級生でした。その子の母親は私の兄を見知っていました。
 私たちが一杯の中華そばを分け合っていることに気が付いたのでしょう、店の奥の主に声をかけました。
店主が私たちのテーブルに湯気がもうもうと立ち上る一杯の丼を持ってきました。
 件(くだん)の女性が兄に声をかけました。どうぞ、めしあがれ と。
 兄はお礼をいいつつも、その器には一切口をつけませんでした。
 弟の私はというと・・・育ちざかりということもあり、ありがたく一人前を一人で頂戴したのです。
 
 家に帰って、兄に奢ってもらったことと合わせ、人様から中華そばをご馳走になったことを、母に話したのですが、そのことに対して、子を育てた親として何と言ったのか、今では思い出そうにも思い出せないでいます。


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント