FC2ブログ
        

上野三碑 ユネスコ「世界の記憶」登録1周年記念イベント 多胡碑記念館

2018/ 10/ 31
                 

 高崎市の公式サイトに、
《文化財保護課では、上野三碑のユネスコ「世界の記憶」登録1周年を記念して、多胡碑記念館での企画展や専門家による記念講演会のほか、三碑の特別公開を実施・・・》と記されていました。

  父が多胡碑を訪れた当時の写真がありました。

 多胡碑お堂

  多胡碑はお堂の中のようです。お堂の前に建てられている石碑は何でしたでしょうか。

 
 石碑に刻まれた文字は、現在でも日本や中国で「書」の手本にされています。
 多胡碑は西暦711年頃に建立されました。「胡」は渡来人のことで、「多」は文字通り「多い」ということです。渡来人が多く住んでいた地に、多胡郡が新設されたことを地元で記念し、伝えるために建てられた石碑です。

 4多胡碑 レプリカ
      多胡碑レプリカ(群馬県立歴史博物館)


 多胡碑文
    父の遺した墨書(「多胡碑文」)




《「多胡碑」現代語訳:ユネスコ「世界の記憶」上野三碑を読む‐群馬県立歴史博物館‐》
〈中央政府の〉弁官(べんかん)から命令があった。上野国(かみつけのくに)の片岡郡(かたおかのこおり)・緑野郡(みどののこおり)・甘良郡(かんらのこおり)の三つの郡(こおり)の中から、三百戸(さんびゃくこ)を分けて郡をつくり、羊(ひつじ)に支配させ〈郡の名称を〉多胡郡(たごのこおり)としなさい。
和銅(わどう)四年(西暦711年)三月九日甲寅(こういん・きのえとら)に命令が伝えられた。
左中弁(さちゅうべん)・正五位下多治比真人(しょうごいのげたじひのまひと) 〈により、命令書が送られた〉。
太政官(だいじょうかん)は二品穂積親王(にほんほづみしんのう)、左大臣(さだいじん)は正二(しょうに)
位石上(いいそのかみの)〈麻呂〉(まろ)尊(みこと)、右大臣(うだいじん)は正二位藤原(しょうにい藤原の)〈不比等〉(ふひと)尊(みこと)。



◇多胡碑記念館(高崎市吉井町池1085) 第40回企画展「山上碑の世界~古墳から寺院へ」
 会期:平成30年10月31日(水)から12月9日(日)まで
 開館:午前9時30分から午後5時(入館は午後4時30分まで
 休館:月曜日
 「学芸員による解説会」
 平成30年10月31日(水)、午前10時、午後2時.
 平成30年11月24日(土)、午後3時30分.
 ・申し込み不要、・参加費無料

◇記念講演「上野三碑に刻まれた東アジアと古代社会」
  平成30年11月3日(土・祝)、午後1時30分~午後3時.
  吉井文化会館小ホール
  吉井町吉井285-2
 講師:三上喜孝氏 (国立歴史民俗博物館教授)
    ・無料. ・先着200人(自由席)

 


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント