FC2ブログ
        

ユネスコ世界の記憶一周年記念 上野三碑めぐり  山上碑 2018年11月4日

2018/ 11/ 05
                 
 
 10月28日の群馬県民の日に続いて、二度目のご対面となった山上碑(やまのうえひ)。 
 
 普段はガラス戸越しにしか観ることが出来ない上野三碑(こうずけさんぴ)ですが、11月4日は特別公開日となっていて、その形姿を目の当たりにすることができました。


 2 山上三碑.



 山上碑は、完存するものに限れば日本最古の石碑として、古代最大の内乱「壬申の乱」を征して即位した天武天皇の時代に造立されました。
 碑文は、佐野三家(さののみやけ)を管理した豪族の子女である黒売(くろめ)と、その子である長利(ちょうり)の系譜を述べたもので、隣接した山上古墳に埋葬されたとみられる黒売の追善供養碑の性格をあわせ持っています。

  2-3 山上古墳.
 

 三家(=屯倉〈みやけ〉)は、六世紀から七世紀前半にかけて各地の軍事・経済的要地に置かれたヤマト政権の直轄地のことで、佐野三家は高崎市南部の烏川両岸(現在の佐野・山名地区)にまたがって設置されていたと推定されています。-「上野三碑」解説文より-


 石段が続いています。

 2-2 山上碑 石段.


 階段が幾つあるのか、スタッフの方に伺ったところ171段というご返事。
 階段は、そのまま延々と続いているのではなく、途中ステップが何か所かあるので数え方によっては、若干の違いがでてくるのではなかろうかと思い、往き、復り、それぞれカウントしてみました。
 石段を上がる前に、木の段が25段あります。
 それから石段が36段あります。
 その上がったところに、お休み処があります。
 帰りに寄ろうかなと思ったのですが、寄っていきなさいと地元の皆さん(「山上碑・金井沢碑を愛する会」の方々)が声をかけてくださったので、それではとお邪魔しました。
 いたれりつくせりのご接待をいただきました。
 柿、オデン(「山上碑」、「多胡碑」、「金井沢碑」の「上野三碑」をかたどったオデンでした。)、コーヒー、お茶でした。

 2-4 オデン コーヒー.
 

 おせんべいなどのお菓子類はご辞退しました。
 持っていきなさいといわれましたので、ありがたく柿を三つ頂戴しました。
 (戻ってから頂戴した方がよかったかな・・・と心のどこかで思いはしましたけれど・・・)

  さて、それから石段を登っていきました。136段を数えました。
 36と136を足すと172段になります。
 あれ、一段数え間違ったかなと思い、帰りに数え直しすることにしました。
  上がった平らな所から二、三歩先にも、石段が五つありました。
 碑を覆っている建屋は、2つの段差の上に建てられているということも判りました。


 ※上野三碑ユネスコ「世界の記憶」登録一周年記念事業の一つとして、「史跡めぐり『山名郷を歩く』(12月1日・土曜.9:30~12:00)」が開かれます。
 ・案内は「山上碑・金井沢碑を愛する会」の皆さんです。
 ・問い合わせは「多胡碑記念館」(tel 027-387-4928)。
 ⇒要予約、定員30人になり次第締め切り(参加費無料)。
 ◇集合場所/山名八幡宮南高崎市営駐車場(高崎市山名町1501-1.小雨決行。
関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント