FC2ブログ
        

手造りのコンニャク 今年の〆  

2018/ 12/ 31
                 

 手造りトウフならぬ手造りコンニャクを分けて頂きました。
 アバウトのサイズを申しますと、15㎝、10㎝、5㎝といったところです。
 
 コンニャクを適当な大きさに刻んでから、熱湯でアクを取り除いた後、流水を繰り返し繰り返しそそぎ冷まして、歯ごたえ感が出るようにしました。
 さて、どんな調理方法にするか、あれこれ考え中です。
 (コンニャクとダイコンと、あと一つ。ギュウスジとか、イカとか、ブタ三枚肉とか、トリ手羽先とか、ホタテとか・・・)

 そういえば、市販のコンニャクはクセのある匂いがするのに、手造りコンニャクは、匂いはほとんど感じられません。
 今回で手造りコンニャクを手に取ったのは五度目ほどとなりますが、いつも感じるのはその違いです。

  2018年12月30日記


 〈追記※「ハクチョウのこと:30日も31日も、ハクチョウの姿をみることはできませんでした。〉

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント