FC2ブログ
        

 上野三碑めぐり    石碑(いしぶみ)の路(みち)

2019/ 01/ 02
                 

 山上碑から金井沢碑を結ぶ約5㎞の道のりには、万葉和歌を詠んだ碑が29基建っています。

 「石碑之路」  手島右卿




 11 手島右郷
    万葉巻 4-3403  手島右郷





  ~ ~ ~ 「石碑(いしぶみ)の路」: 土木会社社長であった信沢克己さんは上代の人々が、佐野山と呼んだ今の山名丘陵の麓の根小屋町に移り住んでいた。
 信沢さんの趣味は、狩猟をするためではなく、キジを飼育して山に放すことであったため、しばしば自然歩道を歩いていた。
 山名丘陵には、山上碑や金井沢碑があり、万葉集に収録された上野国歌の幾首かはこの附近で詠われていた。ここは私たちの心の古里ともいえる、美しい緑の丘陵である。
 信沢さんは、心の古里を大切に保存するため、万葉集の中の上野国歌の碑を佐野山の路に建てることを思いついた。
山上碑も、金井沢碑も千年以上もそこにある。
歌碑の造立は、上代のロマンを伝え、石がそこにあるかぎり、人々もこの路を大切にするだろうという思いから、信沢さんは石碑(いしぶみ)の路を作ったのである。 「上野三碑「高崎自然歩道ガイドマップ」より抜粋~ ~ ~


 皆様
 初春を寿ぎお慶び申し上げます。
 


 手島右卿の筆による昭和天皇の御歌は、「石碑の路22」に建てられています。


 もえいづる春の若草よろこびのいろをたたへて子らのつむみゆ


 「萌え出たばかりの春の若草を、よろこびの気持ちを全身に表しながら子どもたちが摘んでいるのを、私も嬉しい気持ちで見ている。」


 
 元旦のみ休みとなっている「上野三碑めぐりバス」(9人乗り.無料)に乗って、何回か訪れてみたい「石碑の路」めぐりです。


 
 上野三碑めぐり 運行バス時刻表



 (※追記「鴻巣小谷のハクチョウのこと」:平成31年1月2日の朝も、ハクチョウは姿を現しませんでした。 富士山はこのところ毎日姿を見せています。)

  富士山 平成31年1月2日


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント