FC2ブログ
        

㋪ 姫を偲んで橘山  弟橘媛

2019/ 01/ 10
                 

 「橘陰郷土(きたたちばなむら)かるた」

  2きたたちばなかるた 読本



 橘山は北橘南橘の境にあります。赤城榛名武尊谷川法師妙義荒船秩父等の諸連山を仰ぎ、利根の清波を俯観して景色まことに全村に冠絶いたして居ります。これから東南は太平洋迄一望千里一つの山を見ません。古来幾多武将の来りよらんとし、又、近郷人の目標として仰ぎみた山であります。昔は桃が多くありました由、其後松山と化しました。現在は松に桜に雑木の山であります。山名由来伝説如次。



 「橘山」

 前橋と渋川をつなぐ県道の中程、道は一方川に臨み、一方山に迫る。其の川は利根川で其の山は橘山である。橘山の山裾を書いて僅かに通ずる道をこすらんばかりにして通る。そうして道はくねり、電車の軌道も曲り曲って行って利根の流れを渡る。其橋が坂東橋である。この道を歩いた者、この電車に乗ったもので、恐らく橘山と坂東橋の名を知らないものはなからう。
 橘山に登って西を眺むれば、山容秀麗の榛名の諸峰岱顕噴煙空に棚引く活火山浅間の大山、見るからに岩山らしき奇峭の妙義、見下ろせば利根の流れ、ここには一際広き河原をつくり砂原に生ふる松、小松は青きに水は紺碧の色を湛えて帯の如くに流れ行くし、首をめぐらして東を望めば関東の大平野五十里、見果てもつかぬ大広野の後方には房総の山々がかすむか。
 東夷御征討の日本武尊は東海諸国を討ち平らげ走り水の瀬戸を渡って房総の地をも平らげられ引かへして武蔵から甲斐の国へと出られたが、上野の国赤城の裾、沼田の奥、信州諏訪の地方にもまだ皇威を恐れぬ不遜の夷党が住まって居て時々悪事を働らいて氏を苦しめつつあると御聞きになり、再び軍を返されて上野の国へと這入られた。其の利根の奥へと行きかかる道すがら関東平野の北に尽くるところ赤城つづきの橘山に登られてとある小石に腰うちおろされ、しばし四方の景色を御覧になった。
 遥かに東の方を眺むれば心に見ゆる房総の海、其の房総の海の荒れに妃弟橘媛が尊に尽された誠心、赤い心、犠牲といふ尊い、気高い、清い心、夫を思ふ妻のいぢらしい可愛らしい心、尊はしばしばそれのみに思ひを走らせつつ、遠い彼方、目には見えぬ房総の海のあたりに見入られ、今は此の世に亡き人とは云ひながら吾妻恋し、橘媛恋しと口にこそ出さね、胸に和やかにささやかれて居らせられたがやがてのこと、遂に「橘媛はや」と御仰せになった。
 橘山の名のそもそもの由来は尊がかうして山に登り橘媛の事を追憶なされたそのことに基づいて居るものと云ふ。
 ―― 伝説の上州  中島吉太郎 ――




 ㊁ 西(にし)に銀龍(ぎんりゅう)刀根(とね)の水(みず)
 4きたたちばなかるた 西に銀龍 刀根の水



 ㋞ 空(そら)は赤城(あかぎ)の旭(あさひ)やけ
 6きたたちばなかるた 空は赤城の旭やけ.j



 ㋪ 姫(ひめ)を偲(しの)んで橘山(たちばなやま)
 5きたたちばなかるた 姫を偲んで橘山.





関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント