FC2ブログ
        

人間ドック検査結果解説BOOK 糸ひき(ひきわりでない)納豆

2019/ 01/ 24
                 

 3週間後に郵送で届く人間ドック検査結果。
 会計をすませたときに頂いた小冊子が「人間ドック検査結果解説BOOK」です。
 パラパラとページを捲ってみました。
 気にかかる文字が目に留まりました。
 「納豆」です。
 今まで、NHK、民法を問わずテレビ番組では、こぞって、ひきわり納豆をご推奨しているのに、この小冊子では、わざわざ、「糸ひき(ひきわりでない)納豆」と明記しているからです。

 幾つか引用してみましょう。
 〈生活習慣で(生活習慣が関わる)貧血を予防しましょう!〉の項。
  「鉄分を多く含む食品をとりましょう」
  ・糸ひき(ひきわりでない)納豆(3.3㎎)…1パック約40~50g
 〈生活習慣で骨粗しょう症を予防しましょう!〉の項
  「カルシウムを多く含む食品をとりましょう」…(100g当りカルシウム量)
  ・糸ひき(ひきわりでない)納豆(90㎎)

 と、書かれているではありませんか。

 では、どうしてひきわり納豆ではなくて糸ひき粒納豆が良いというのでしょうか。
 そこらへんをインターネット検索してみたところ、幾つか出てきました。
 その一つをピックアップしてみました。

 出てきたのは「ポリアミン」という成分です。
 ポリアミンは、ひきわり納豆に比べて、糸ひき粒納豆にたくさん含まれているとのことで・・・。


《◇ポリアミン:
 細胞の分裂に関与しているので、細胞の生まれ変わりのために、重要な成分。
 そのため、新陳代謝を活発にする働きがあります。
 加齢とともにポリアミンの量は減少するので、積極的に摂取することで、老化を予防し、肌を若々しく保ってくれます。
 また、血管の炎症を抑え、動脈硬化を予防する効果があることもわかっています。》

 
 なるほどなあ、と、思いました。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント