FC2ブログ
        

安楽寺(吉見観音)三重塔 小雪が舞った朝

2019/ 02/ 14
                 
 国宝の東寺五重塔の高さは54.8メートルです。
 安楽寺の三重塔は、創建時16丈(約48メートル)の高さであったと記録されています。
 現在の、東寺五重塔は寛永21年(1644年)に再建されたもので、総高凡そ24メートルの安楽寺三重塔は明暦2年(1656年)に再建されました。

 埼玉県内には四つの三重塔を今に見ることができますが、県内最古の安楽寺三重塔は、県指定重要文化財に指定されています。

  1 安楽寺三重塔


 平成31年2月10日の安楽寺
 6

   2 安楽寺 寺紋

 3安楽寺 
 





「安楽寺(吉見観音)」 東松山むさしロータリークラブ公式サイトより
所在地・・・・比企郡吉見町御所378
指定・・・・・・県指定文化財(昭和28年)
建立年・・・・1656年頃(江戸時代 明暦2年頃)
建築様式・・和様式
構造形式・・3間3重塔婆・銅板葺
総高・・・・・・24メートル

 安楽寺(吉見観音)は坂東十一番札所、真言宗智山派の寺です。天平年間(729~749年)、行基によって草創されたと伝えられています。その後、大同元年(806年)坂上田村麿によって、吉見領の総鎮守とされました。
 平治の乱(1159年)後、源頼朝の弟、源範頼がこの地を領するようになり、16丈(約48メートル)の三重塔と25間(約45メートル)の四面の大講堂を建立しました。その後、天文年間(1532~55年)、北条氏康と上杉憲政との松山城合戦に際し、松山城の落城とともに、大伽藍をことごとく焼失してしまいました。
 現在の三重塔は、1656年(明暦2年)中興開山杲鏡(こうきょう)法印や、呆慶(こうけい)法印によって再建されたものです。さらに、昭和35年(1960年)には解体修理が行われました。
 吉見観音として親しまれている安楽寺は、今でも多くの参詣客で賑わっています。長い参道を抜け、石段を登ったところに元禄15年(1702年)に再建された仁王門があります。さらに石段を上りつめると、寛文元年(1661年)に再建された本堂があります。この本堂は江戸時代前期の建築様式を伝える貴重な遺構です。本堂の右側に寄り添うように建っているのが、県下最古の三重塔です。初層の内部には誕生釈迦像を安置し、伝統的な和様式で造られ、装飾を排し落ち着きが感じられる塔です。
 周囲の緑に溶け込んでいる仁王門、本堂、三重塔、そして鐘楼。江戸時代初期に建てられ、当時の様式をよく伝えている貴重な建物です。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント