FC2ブログ
        

大原千鶴さんのピリ辛だれ 保存期間冷蔵庫で2か月 さきいかのピリ辛あえ

2019/ 02/ 24
                 
 
 この25日にも放送されるようですが、先日のNHK料理番組を何気なく見ていましたら、料理研究家の大原千鶴さんがピリ辛だれを使った料理を紹介していました。
 その中で私が作ってみたいと思ったのは、ブリのピリ辛照り焼きと、野菜のピリ辛炒めと、さきいかのピリ辛あえの三つでした。理由はいたって単純です。材料を揃えれば簡単に調理できるからです。


 まずはピリ辛だれの作り方から・・・

「ピリ辛だれ」
◇材料(作りやすい分量)〈エネルギー:410kcal〉
 ・しょうゆ カップ1/2
 ・砂糖 カップ1/2 (約60g)
 ・コチジャン 大さじ2
 ・にんにく(すりおろす) 小さじ1
◇つくり方
 ・ボウルにすべての材料を入れ、よく混ぜる。
◇用途
 ・つけだれやあえ物、加熱調理の味つけに。
◇保存期間
 ・冷蔵庫で2か月間
◇コチジャン
 ・もち米こうじと粉とうがらしが主材料の発酵調味料。ビビンバやブルコギなど韓国料理に欠かせない、甘辛のとうがらしみそ。


 次は、大原千鶴さんのピリ辛だれを使った料理で一番簡単なものをご案内。

「さきいかのピリ辛あえ(2人分)」
◇材料
 ・さきいか 20g
 ・ピリ辛たれ 大さじ1
 ・ごま油 少々
 ・白ごま 少々
◇つくり方
 ・ボウルの中のさきいかにごま油とピリ辛たれを入れてよく混ぜてから、器に盛って、白ごまをふりかけて出来上がり。

 
 このところ魚は、刺身や缶詰ものばかりを食卓に出していました。手を加えた魚料理をしていなかったことの反省をこめて、近々、ぶりのピリ辛照り焼きを作ろうと思いました。





関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント