FC2ブログ
        

一路ブラジルへ 機内で牧師さんとお話しできました 広島へ

2019/ 03/ 07
                 

 ブラジルは、ほとんどカトリックなのだそうです。
 機内で隣に座っていた方が話しかけてきました。
 名刺をいただきました。
 広島市在住の牧師さんでした。

 数パーセントのプロテスタントの国。
今回は3度目のブラジル行とのことでした。



シュラスコ





 機内では退屈でしょうといわれ、赤川次郎の小説を手渡してくれました。
 私は寡聞にしてそのとき赤川次郎の名前を初めて知りました。
 牧師さんは、えッ! 赤川次郎を知らないんですか・・・と。
 ハイッ! と、私。
 三冊、立て続けにお借りしました。
 読むの早いんですね! と、牧師さん。
 早いほうかもしれません・・・と、私。

 高校3年間、前橋のプロテスタントの教会に通っていたこと。上京して浜田山に住んでいた時一度だけ、浜田山キリスト教会に足を運んだこと。
 外国文学を読むのに、そのバックボーンに深く刻みこまれているキリスト教というものを少しでも知るために、聖書を紐解きたいと思ったこと。など、いつのまにか問わず語らずに話し始めていました。
 ヨーロッパ文学からロシア文学へ、トルストイからドストエフスキーへ・・・と、話はつきることはありませんでした。


 そういえば、読みやすい赤川次郎作品。
 どんどん乱読して、あっというまにいつのまにか数十冊たまっていました。
 当時、姪が赤川次郎のファンのような話を義姉に聞いていたので、彼女の父親(私の兄)経由で手元にある作品すべてを受け取ってもらいました。
 今思うに、丁度受験期を控えていた時でしたね。
 ゴメンナサイ。大切な時なのに、そのようなことも考えることができずに、一方的に好意の押し売りをしていました。
 でも、今は大切な旦那さん、子供たちに恵まれて、お健やかな家庭生活を営まれている由、伺っています。


 広島。
 数年前の5月、広島に行きました。

 広島


 書研仲間と一緒に、初七日が過ぎた翌日、平服でお悔みに伺いました。
 
 このとき、広島市のキリスト教会を訪ねようと思ったのですが、ネット検索した範囲では、意中の人のお名前を知ることはありませんでした。


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント