FC2ブログ
        

長谷川陽子 チェロ 仲道郁代 ピアノ 千住真理子 ヴァイオリン クレアこうのす「女神たちの 愛のうた」

2019/ 03/ 11
                 
2019年3月10日(日)、クレアこうのす大ホール。
NACK5(79.5FM)さんからの花束が飾られていました。
三人の音楽家「女神たちの愛の歌」様へ。

 2 FM79.5 花束



 リハーサル室の入口に、お三方のお名前が表示されていました。
 3 リハーサル室



 最初に登場したのが、チェロの長谷川陽子さん。
 曲目は、J.S.バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番」より プレリュード。

2曲目。
長谷川さんが、ピアノの仲道郁代さんを導いて、一緒に演奏した曲が、
ポッパーの「ハンガリー協奏曲」。

(長谷川さんが退場して)
3曲目と4曲目は、仲道さんのソロ。
ドビュッシーの「月の光」と、ショパンの「バラード第1番」。

仲道さんが、ヴァイオリンの千住真理子さんを導いて、一緒に演奏した5曲目が、
マスネの「タイス」の瞑想曲。

(仲道さんが退場して)
6曲目は、千住さんの、パガニーニの「24のカプリス」より、第24番のヴァイオリンソロ演奏。

 15分の休憩をはさんで、長谷川さんと千住さんが登場。
 チェロとヴァイオリンの演奏はとても珍しいということと、このステージで二人が演奏する曲目を選んだのは、長谷川さんです。と、千住さんの説明。

  (このシーンの中で、千住真理子さんが、明日は3月11日ですがという前置きしてから、昨日〈3月9日〉、東日本大震災復興支援チャリティコンサートを開いたことをお話しされました。先ほど調べてみましたら、東京オペラシティコンサートホールが会場となっていて、14:00開演となっていました。千住さん、仲道さんをはじめとして、たくさんの音楽家の皆さんが出演されたコンサートでした。追補:長谷川陽子さんは、同日、渋谷区のHakujuホールで開催された、東日本大震災チャリティコンサートに出演されていました。)


 J.S.バッハの「インヴェンション 第1番」、同じく「インヴェンション 第7番」、同じく「インヴェンション 第8番」。

演奏終了後、二人が拍手におくられながら退場。
ちょっと間をおいてから、三人が一緒に登場。

 トリオで演奏したフィナーレを飾った曲は、メンデルスゾーンの「ピアノ三重奏曲 第1番」。

 
万雷の拍手鳴りやまず。
三人の女神が、二度繰り返し舞台にひき返し、再び手をつなぎ合わせた後に、ブラボーコールにこたえて演奏した曲。
千住真理子さんが、会場の全員に聞こえる声で伝えたのが、
E.エルガーの「愛の挨拶」。

演奏が終わり、三人が二度ステージに登場し、にこやかな笑顔を聴衆に向けながら、拍手万雷鳴りやまない会場を後にして退場。


 今までどこの音楽会会場に行っても、アンコール曲は手書きのしか見たことはありませんでしたが、今回初めて、この写真で見る通りのスタイル、初御目文字となりました。
洗練されているというか、スマートというか、なんて思ったらよいのでしょう・・・
 1 アンコール 愛の挨拶 E・エルガー



 夕食はエルミこうのす内の「アジアンスパイシーレストラン サモサ」でとりました。
 3月10日まで「鴻巣びっくりひな祭り」開催となっていましたが、私たちが会場を訪れた時は、既に時遅し、おひな様はひな壇には鎮座ましましていませんでした。
 5エルミこうのす


関連記事
スポンサーサイト
                 

コメント

        

お近くでのこのようなコンサート、羨ましいです。以前にもこうしたコンサートがありましたね。

この女性三人の演奏者、私が聴いた頃にはまだ若手でいらっしゃいましたが、今はどのようなお姿で、どのような演奏をなさるのか・・・。鴻巣が近ければ良かったのに、です。
リピーターではないのですけれど・・・
> お近くでのこのようなコンサート、羨ましいです。以前にもこうしたコンサートがありましたね。
>
> この女性三人の演奏者、私が聴いた頃にはまだ若手でいらっしゃいましたが、今はどのようなお姿で、どのような演奏をなさるのか・・・。鴻巣が近ければ良かったのに、です。

こんにちは。
いつもお目通しいただきありがとうございます。
音楽もほどほどに興味・関心を持っているジャンルですので、タイミングがあえばコンサートに出向くようにしています。
この3人のメンバーのうち、千住真理子さんのヴァイオリンを聴きに行っている回数が一番多いです。御母堂の文子さんが著わした「千住家にストラディヴァリウスガ来た日」などの本も本棚に揃えてあります。
 地元の音楽会にも、そして時には上京してのコンサートホールに出向くことも楽しみ続けたいと思っています。
 (反応が遅くてスミマセン。諸般の状況あれこれありまして、ついちょっと前にコメントサイトを開けて、着信があったことに気づきました。)