FC2ブログ
        

日本三大奇書 逸著聞集 藐姑射秘言 阿邦遠可志

2019/ 06/ 08
                 
 辞典見るウィキペディアも紐解くがどこにも載らぬ三大奇書

 奇書欲しい言う人あれば手放すといつの間にかのそれなりの歳


 「日本三大奇書」を紐解く前に・・・
 中国明代の長編小説、水滸伝・三国志演義・西遊記・金瓶梅を、四大奇書(しだいきしょ)といいます。  
 金瓶梅(〈※1〉)を、四大奇書の一つというのは、ご存知のことと思いますが、杏花天、浪史奇観、如意君伝、繍榻野史などの本の名前は聞いたことがありますか。
 何れも、知る人ぞ知る、中国艶笑文学書です。

 さて、手元に『日本三大奇書』があります。

 1-1.日本三大奇書 その1

  発行所那須書房、著者斎藤昌三。昭和37年7月7日改補印刷発行となっています。
 序には、「訳者 少雨叟」と記されています。
 文中に、
《 ・・・   ・・・
元来、『逸著聞集(いつちよもんしふ)も『藐姑射秘言(はこやのひめごと)』も『阿邦遠可志(あなおかし)』も、各篇に小題は無いものであるが、読者の便をはかって、今回適宜の題名を付した。
・・・   ・・・   ・・・
原作者並に作品年代に就ては、別項に於て出来るだけ詳細に紹介して置いたから、かれこれ参照されたく、兎に角、本書の如き名玉が拙訳ながらも世に出されることは、時代の進歩とは云へ一面には日本の誇り得る作品であり、原作者も地下に微笑することであろう。
 ・・・   ・・・ 》
 と記しています。
 各書のタイトルを見て、その内容がどのようなものかだいたいは想像がつくというものです。
 《 ・・・ まして右の三大奇書の如きは、大半男女間の性愛を描いてあるとは云へ、一篇々々の裏面にはユーモアの含まれた、時代々々の一種の諷刺作品で、大半は、性愛を皮肉ったものである。しかも、その軽快味は国文独自の寸鉄人を刺す達文で、西欧の短篇集と比較して遜色なかったが、今日まで世上に出なかったことは余りにも不思議である。 ・・・ 》
とも書き記しています。
 
 小話は合わせて120篇となっています。
◇『藐姑射秘言(はこやのひめごと)』(作者黒沢翁満.〈石川雅望作説有〉)
 ・前編10話
 ・後編10話
◇『阿邦遠可志(あなおかし)』(作者沢田名垂〈通称新右衛門〉)
 ・上巻29話
 ・下巻13話
◇『逸著聞集(いつちよもんしふ)』(作者山岡明阿弥作)
 ・58話
 
 はてさて、最後の締めくくりとして、せめてもと便宜的につけたそれぞれの小話の仮題をここに載せようとも思いつつ、後世につけた仮題というが如くもともとの作者の意に染まぬことになろう故、あえて不問に付することに致しました。 ご寛恕あれ。


〈註1:金瓶梅(きんぺいばい)

 ・広辞苑第七版:きんぺいばい【金瓶梅】
 明代の長編小説。四大奇書の一つ。100回。蘭陵の笑笑生の作。作者は王世貞など諸説あるが不明。万暦(1573-1620)中期成る。水滸伝中の武松の物語をもとに、富豪西門慶に毒婦潘金蓮を配して家庭の淫蕩(いんとう)で紊乱(びんらん)した状態を描き、それを通じて明代政治の腐敗、富豪階級の頽廃を活写する。金瓶梅詞話。

 ・ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説:金瓶梅:きんぺいばい:Jin-ping-mei
 中国,明の口語章回小説。作者未詳。 100回。 16世紀末頃成立。『水滸伝』から西門慶と潘金蓮の密通のエピソードを借りて発端とし,そこから色と欲の世界を繰広げた小説。山東の豪商西門慶があらゆる不正な手段を用いて富と権勢を手に入れ,彼を取巻く女性たちと悦楽の限りを尽すが,ついに淫薬を飲みすぎて急死するというのがあらすじで,書名は主要な3女性潘金蓮,李瓶児,龐春梅から1字ずつとったもの。その露骨な性描写はたび重なる発禁を招いたが,宋に時代を借りつつ実は当時の社会風俗を浮彫りにし,そこにうごめく人間の欲望を赤裸々に描き出した筆力は凡庸なものではない。 〉


〈註2:四大奇書(しだいきしょ〉

 ・広辞苑第七版:しだいきしょ【四大奇書】
 中国明代の長編小説、水滸伝・三国志演義・西遊記・金瓶梅の四書をいう。

 ・日本大百科全書(ニッポニカ):四大奇書・しだいきしょ
 明(みん)の万暦年間(1573~1619)までに完成をみた中国章回(長編)小説の傑作、『水滸伝(すいこでん)』『三国志演義(さんごくしえんぎ)』『西遊記(さいゆうき)』『金瓶梅(きんぺいばい)』の総称。『水滸伝』は魯智深(ろちしん)・武松(ぶしょう)ら緑林(りょくりん)英雄の世界を、『三国志演義』は群雄割拠の時代の歴史を、『西遊記』は西天取経の旅における孫悟空(そんごくう)の妖怪(ようかい)退治を、『金瓶梅』は悪徳商人西門慶(さいもんけい)を中心とする色と金の世界をと、それぞれ異なったジャンルにユニークな主役・脇役(わきやく)を配して描いており、中国のみならず日本でも広く愛好されている。[大塚秀高]
 . 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)/日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント