FC2ブログ
        

下町のレストラン シラツユ 梅雨入りの日に

2019/ 06/ 11
                 
梅雨入りに訪れて知るシラツユの料理の味に舌鼓打つ


 1-7シラツユ メニュー 表紙


 〈※註「白露」(しらつゆ.シラツユ):
①俳句の秋の季語。
②『万葉集』第十三巻[歌番号]13/3221
[原文]冬<木>成 春去来者 朝尓波 白露置 夕尓波 霞多奈妣久 汗瑞能振 樹奴礼我之多尓 鴬鳴母
[訓読]冬こもり 春さり来れば 朝には 白露置き 夕には 霞たなびく 汗瑞能振 木末が下に 鴬鳴くも
[仮名]ふゆこもり はるさりくれば あしたには しらつゆおき ゆふへには かすみたなびく **** こぬれがしたに うぐひすなくも 〉

 「レストラン シラツユ」で初めて食事した日が、偶々梅雨入りとなった日でした。
 店名の「シラツユ」の名前の由来を聞きそこなったので、次回訪れたときに奥様にお聞きしたいと思いました。




  レストラン シラツユ

2-2シラツユ 表サイドから撮る

 東京都墨田区錦糸4-1-7
 電話 03-3626-2535
 JR錦糸町駅北口徒歩2分
 地下鉄半蔵門線錦糸町駅5番出口
 営業時間/不定休
  ◇月~土
  ランチ 11:00~15:00(祝日ランチ休)
  ディナー 17:00~22:30(L.O 22:00)
 ◇日・祝
  11:00~22:00(L.O 21:30)
 ☆全席禁煙となります

 3-1レストラン シラツユメッセージ - コピー
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント