FC2ブログ
        

水シリーズ・元荒川の堰 宮地堰から安養寺堰へバトンタッチ

2019/ 10/ 09
                 
 命水堰あればこそ流れ分け


 20-1-2 安養寺堰・西裏用水取入樋管
  (安養寺堰・西裏用水取入樋管)

  20-4安養寺堰管理所
   (「安養寺堰」:鴻巣市安養寺250-4付近.左記住所より元荒川沿いのほんのちょっと上流の「安養寺堰管理所」に駐車場が有ります。)



 宮地堰は、平成8年度(1996年度)事業から着工し、平成23年度(2011年度)に完成をみた安養寺堰(関係する水路〈西裏用水、新谷田用水、屈巣用水〉などの改修工事含む)により、その用を終えました。

 20-3安養寺堰水流


 鴻巣市史(資料編5.近・現代)によると、宮地堰は、慶長5年(1600年)頃に造られた草堰が起源となっているようですが、本来的な機能を有する堰となったのは、明治8年(1875年)です。

 20-2安養寺堰滝.


また赤煉瓦造りの堰としては、宮地堰は、明治34年(1901年)に完成しました。鴻巣を流れる元荒川の榎戸堰(明治36年)、三ツ木堰(明治35年)、そして笠原堰(明治35年)よりも一番早く造られています。

 20-7安養寺堰橋影



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント