FC2ブログ
        

遊民シリーズ 江戸屋虎五郎 

2019/ 10/ 17
                 
 七十名墓石に刻む親分名

 3-2江戸屋虎五郎墓石台


 モデルがいたともいなかったとも言われている、信州沓掛宿の博徒、沓掛時次郎(くつかけときじろう)、上州の駒形茂兵衛(こまがたもへえ)、安中草三郎(あんなかそうざぶろう)。〈※註:他に呼び名、いろいろあり。〉
 新国劇、歌舞伎、落語、講談、浪曲、そして映画、テレビ(「新国劇」、「映画」の放送)と、ひところは随分と持て囃された時代があったのです。


 江戸屋虎五郎は江戸時代実在の上州侠客の一人でしたが、今の時代に入りますと知る人ぞ知る人物となっています。
 偶々境内で、大道寺の奥様と思われる方とご挨拶を交わすことができ、墓地の中の江戸屋虎五郎の墓前まで案内していただきました。
 新しいお墓は侠客の皆さんが建てたこと、このところ関係する方のどなたもお見えにならないことなどを、説明してくださいました。
 ご親切、大変ありがとうございました。


 3-3江戸屋虎五郎の新しい墓


 戒名は「宝松院梅誉樹林居士」。三人連記の中央に刻まれています。文化11年(1814年)1月5日に生まれ、明治28年(1895年)10月22日、83歳で没。紋は下がり藤。国定忠治よりも4歳遅く生まれましたが、忠治よりも45年も長生きした人物です。

 3-1江戸屋虎五郎の墓正面

 
 上州在の侠客の中にあってもことのほか人望が厚く、県内のみならず栃木、埼玉などの任侠世界に生きる親分などなど、七十名あまりの名(「田嶋要吉」、「村山玉五郎」、「吉田藤太郎」、「関口力太郎」などの親分の名前が見てとれます。)が墓石台にビッシリ刻み込まれていることでも、往時の様子を窺い知ることができます。
 国定忠治と違って、後世に喧伝されることが少なかったのは、虎五郎の世間を渡る生き様がドラスティックなものではなかったが故ということがいえるのかも知れません。
が、時には罰を犯した罪で子分と一緒に伊豆へ島流しされたこともあったと、語り伝えられています。



 3-6大道寺門

大道寺
群馬県館林市本町2-4-11
Tel 0276-72-1988
(境内裏手道路から駐車場に入れます。)

 3-5大道寺
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント

        

江戸屋虎五郎は任侠の心を知る侠客中の侠客だと思っております。

なお生まれは上州でも、三州でもなく、
武州新座郡岡村(埼玉県朝霞市)が正しいです。
Re: タイトルなし
> 江戸屋虎五郎は任侠の心を知る侠客中の侠客だと思っております。
>
> なお生まれは上州でも、三州でもなく、
> 武州新座郡岡村(埼玉県朝霞市)が正しいです。


ご訪問頂きありがとうございます。
江戸屋虎五郎という人物像についての詳細は、ほとんど記録が残っていないとのことで、文献を紐解く難しさを感じました。幾つかの資料には「寅五郎」とも記されているのが判りました。
「館林郷土叢書・第六輯」(編集小林清四郎氏)で発表したのが、まとまったものとしては最初といわれています。その後「新上毛外史」(毎日新聞群馬版)という連載記事で、松田勇作氏(当時前橋在から後に鎌倉に転居)が発表しています。
 以降、時系列で追ってみますと、出自については、埼玉の秩父生まれ等の記載が出てくるところとなっています。
 館林の侠客、江戸屋の岡安兵右衛門という親分が、娘ちかの婿養子として、虎五郎を迎え入れたと記されていますが、その縄張りは邑楽郡全域と栃木県足利近辺、埼玉県に及んで、全盛時代には二町六十六ヶ村がその区域であったといわれています。
当方の知識は、ひとりよがりで勝手に引用するような面もあるようです。
「親分・子分日本史」(実業之日本社)、「侠客列伝」(子母澤寛)、「博徒状況調」(群馬県警察本部)などのほか、何か参考文献になる資料をご存じでしたら、ご教示頂ければありがたく思います。軌道修正して歩みたいと思います。
本当によく調べられていますね。頭がさがります。

虎五郎親分に関しては大正10年の桃川桂玉による「大前田英五郎」(国会図書館の近代デジタルで閲覧可)が実は一番詳しいです。これは桂玉が明治26年に晩年の虎五郎に会って話を聞いた聞き書きから成っているので、講談とは言え貴重な情報を多く含んでいます。これには、
①虎五郎の元名が七五郎であったこと。
②武州大井宿(富士見市)の獅子ケ嶽重五郎の子分からはじまったこと。
③片山村(新座市)の天竺音五郎と喧嘩になって国を売ったこと。
④三河に出て遠州の都田源八を斬ったこと
など、様々なことが書かれており、いずれも地域史から事実性が確認できる興味深い内容です。

老虎五郎は、自分の恥になるような話も決して美化せず、淡々と話をしたそうです。(なお上のことは浅田晃彦先生の『大前田栄五郎の生涯』に簡潔に記されています。私のは受け売りです。)

今日、江戸屋虎五郎氏の話題を上げる人はおらず、また好みの話題から、偶然目にした御ブログについ惹き付けられてコメントしてしまいました。
墓石のお写真も天気と相まって美しく、文章も関係津で本当に素晴らしい記事です。
今後ともご活躍を御期待します。
ありがとうございました。
> 本当によく調べられていますね。頭がさがります。
>
> 虎五郎親分に関しては大正10年の桃川桂玉による「大前田英五郎」(国会図書館の近代デジタルで閲覧可)が実は一番詳しいです。これは桂玉が明治26年に晩年の虎五郎に会って話を聞いた聞き書きから成っているので、講談とは言え貴重な情報を多く含んでいます。これには、
> ①虎五郎の元名が七五郎であったこと。
> ②武州大井宿(富士見市)の獅子ケ嶽重五郎の子分からはじまったこと。
> ③片山村(新座市)の天竺音五郎と喧嘩になって国を売ったこと。
> ④三河に出て遠州の都田源八を斬ったこと
> など、様々なことが書かれており、いずれも地域史から事実性が確認できる興味深い内容です。
>
> 老虎五郎は、自分の恥になるような話も決して美化せず、淡々と話をしたそうです。(なお上のことは浅田晃彦先生の『大前田栄五郎の生涯』に簡潔に記されています。私のは受け売りです。)
>
> 今日、江戸屋虎五郎氏の話題を上げる人はおらず、また好みの話題から、偶然目にした御ブログについ惹き付けられてコメントしてしまいました。
> 墓石のお写真も天気と相まって美しく、文章も関係津で本当に素晴らしい記事です。
> 今後ともご活躍を御期待します。


 私にとって初出のことを伺うことができました。貴重な事実関係をお教えいただき、大変ありがとうございました。
 このシリーズのこれからとして、大前田英五郎を・・・と思い始めた矢先でしたので、もっときちんと出典をつまびらかにしたうえで、取り組まなければいけないな、と、あらためて感じ入りました。
 ご指摘頂き、感謝申し上げます。あらためてお礼申し上げます。
行脚

 おほめのお言葉をいただき、恐縮に存じます。
 上州生まれのみとして、「親分」には関心を寄せています。
 大前田英五郎(栄五郎)のお墓の一つには詣でることができましたが、天気の良い日を選んでもう一つのお墓参りができてから、記事にできたらいいなと思っています。
 国定忠治のお墓も、あちこちにあることがわかりましたので、ここしばらくは、カメラ片手に・・・という行脚が楽しめそうです。