FC2ブログ
        

令和元年「NHK新人落語大賞」に、桂華紋

2019/ 11/ 08
                 
 落語家は逆ピラミッドで真打に

 1-2ふぐ鍋


 東西の若手落語家が大賞を目指して競い合う「NHK新人落語大賞」。
 今年は東の東京から78人、西の大阪から43人、合わせて121人の若手落語家が予選にエントリーしました。

1-1最終審査


 その中から精鋭6人が勝ち抜き、11月4日(月)、NHK大阪ホールで競演となりました。
出場したのは、桂華紋、古今亭志ん吉、笑福亭笑利、立川こはる、露の紫、柳亭市弥。

 1-5落語大賞決まる

 見事栄冠を勝ち取ったのは「ふぐ鍋」を演目にした、トップバッターをつとめた桂華紋でした。

1-3大賞は桂華紋.


司会は林家たい平と、落語をこよなく愛する南沢奈央。審査員は桂文珍、柳家権太楼、片岡鶴太郎、声優の山口勝平ほかの面々でした。


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント