FC2ブログ
        

利根大堰 令和元年「サケ遡上・採卵観察会」

2019/ 11/ 09
                 
 サケ遡上一瞬の間のカメラアイ

 1-1サケの遡上


 11月8日の土曜日、「大堰自然の観察室」に行き、サケの遡上の様子を見てきました。

 1-2サケの撮影2人

 サケの遡上の様子を見ることができる窓が3つあります。
 そのうちの真ん中の場所が、恰好の観察スポットとなります。

 私より後に来た人が、今、サケが飛び跳ねて上って行ったと教えてくれましたが、あっという間だったので写真に撮ることはできなかったそうです。その男性はそれから間もなくいなくなりました。

 それから暫くして男女のグループが賑やかに入ってきました。私は遠慮して窓近くから離れました。
 アッ! 今上って行った! 咄嗟のことでシャッター押せなかった!

 1-3グループを前にして

 その団体はそれから間もなくして室から出て行きました。

 それからちょと経って、一人の男性が入ってきました。3つの窓を行ったり来たりして眺めています。
 
 一人ぽつねんと立っている私にあれこれ話しかけてきました。
 私が、30分も待っていれば、サケの遡上する様子を見ることができると思って立っていると、彼に答えました。
 川向こうに住んでいること、禁漁区にもかかわらず魚を獲っていたこと、うなぎは丸切りにして、本みりん、日本酒、ショウユで味付けして煮込めば殊の外、柔らかく美味しく食べることができること、館林出身のオカリナ奏者宗次郎とは昵懇の間柄など、熱心に私に話しかけてきます。

 アッ! サケが今跳ねた! と、私。

 1-5ジャンプした後.

 上り終った後のサケの姿をかろうじてカメラに収めることができました。

 彼のおしゃべりにつきあったおかげで、写真を撮りそこなったことを理解したのでしょうか、くだんの男性はそそくさと姿を消しました。

 1-7メスのサケ

 それからどれくらい待機していたでしょうか。

 1-6これから飛び跳ねる

 シャッター速度はカメラ任せでしたので、見事に捉えたサケというわけにはいきませんでしたが、証拠の写真を記録することができました。


 1-8利根大堰




 サケ遡上・採卵観察会

1 イベントの名称: 「サケ遡上・採卵観察会」
2 日 時: 令和元年11月9日(土) 13時00分より
(小雨の場合は、開催致します。)
3 場 所: 利根大堰(埼玉県行田市側・大堰自然の観察室付近)
※利根川河口から上流約154 ㎞地点、武蔵大橋の埼玉県側河川敷
4 主な内容
13:00 開会あいさつ 埼玉県行田市・群馬県千代田町 他
13:15 サケの生態・利根大堰についての説明
埼玉県水産研究所、群馬県水産試験場
13:40 採卵観察会
14:30 クイズ大会
15:30 閉会あいさつ
☆地元B級グルメ店の出店もあります!
5 独立行政法人水資源機構 利根導水総合事業所ホームページ
http: //www.water.go.jp/kanto/tone/index.html
↑ イベントの詳細及び最新のサケ遡上数はこちらから確認できます。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント