FC2ブログ
        

あれから 美空ひばり 令和最初の紅白歌合戦

2019/ 12/ 30
                 
 ひばりさん歌声しびれとき刻む30年経て今蘇る

  1-1あれから.


 平成元年(1989年)に亡くなったひばりさんの歌声が、令和元年(2019年)最初のNHKテレビ紅白歌合戦の、「AI美空ひばり」で蘇りました。 〈NHKテレビ放送より書き写し〉


 あれから  秋元康

 1-1-1美空ひばり あれから イントロ

夕日がまた沈んでいく
あっというまの一日
どこかに大事な何かを
置き忘れたような自分の影
地平線は変わらないのに
静かに移ろう景色
生きるというのは 別れを知ること
愛しい人よ

 1-4あれからどうしていましたか

あれからどうしていましたか
私も歳をとりました
今でも昔の歌を気づくと 口ずさんでいます
振り向けば幸せな時代でしたね
いくつか星が煌(きら)めいて
後悔さえ美しい
今日できなかった何かが
明日はできるような気がして来る
長い道を歩き続けて
生れた瞬間(とき)から追いかけてきたのは
母のその背中

 1-3中ほど

あれから元気でいましたか
随分月日が経ちました
何度も歌った歌を
もう一度歌いたくなります
そう誰もが大切な思い出が人生
お久しぶりです
あなたのことをずっと思っていましたよ
頑張りましたね

さあ私の分までまだまだ頑張って
なぜだか涙が止まらない
心がただ震えています
あれからどうしていましたか
私も歳をとりました
今でも昔の歌を気づくと口ずさんでいます
振り向けば幸せな時代でしたね

 1-2歌の最期
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント