FC2ブログ
        

令和初の的祭 滝馬室 氷川神社 女性宮司誕生へ

2020/ 01/ 12
                 
 年はじめ習俗歳時的祭(まとうさい)

 1-1-1本殿に向って 二礼、二拍手、一礼


 日本に現存する神社はどのくらいあるのでしょうか。
現在、神職を司っている、約22,000人のうち、女性神職は凡そ3,000人といわれています。
埼玉県神社庁では、県内に鎮座する凡そ2,000社の神社を、公式サイトで紹介していますが、女性神職は何人ほどとなっているのでしょうか。


 4-5屋根瓦 氷

 鴻巣に、令和二年四月、女性宮司が誕生します。

 祖父、父に続き宮司を受け継ぎます。
 滝馬室氷川神社の的祭の終了後、北本の手打ちそば屋に寄ってから、大野神社(旧名は氷川神社)に参詣しましたところ、くだんの女性におめにかかりました。
 滝馬室氷川神社も、大野神社にならい、御朱印の発行を検討しておられる由、伺うことができました。
 

《的祭》(まとうさい」は毎年1月12日に滝馬室の氷川神社で行われる、五穀豊穣や招福除災を祈願する行事で、的射祭(まといさい)とも呼ばれ、その起源は坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が東北遠征の途中、この地の住民に依頼され大蛇退治に因むと伝えられています。坂上田村麻呂は今から1200年前ほど前の平安初期の武将です。

  1-2炎

 祭りの準備は早朝から行われます。
使用する弓、矢、的、御進物などを用意することから始まります。古くはこの祭りを再興した島田氏が、使用する弓、矢、的などを保管していましたが、残念ながら度重なる火災の為に失われ、現在は簡略に覆綯われているということです。
 では現在使用されている弓、矢、的はどのようにされているのでしょう。

 弓:(エゴの木)楢の木を用い、六尺程度のものに麻を細く纏った絃を張ったものを4張り用意します。
 
弓4本

 矢:篠竹を用い、三尺程度のものに紙で作った矢羽を付け、12本用意します。

 篠竹 12本

 的:葦を平につぶし、網代編みに三尺角にし、面一杯に紙を張って蛇の目を描きます。

 的.

 場


 11時になると、祭囃子は止み、射手(馬室小学校6年生)の代表・12歳の男女2人と氏子衆が氷川神社の拝殿に昇殿し、祝詞奏上などが始まります。(今年はジャンケンで勝った人が代表になりました。昔は両親の健全な12歳の男子に限られていたということです)

 2-1-1本殿でお祓い

 20~30分程度でしょうか、祝詞などの祭典が終了すると、代表の射手が的から約10m離れた場所に立ち矢をつがえます。

 1-1-2的祭記念二人の宮司

 ◇ 的射には年番と呼ばれる大人の氏子が介添えに付き、一射目を一人が天に、一人が地に向かって放ち、

 1-1-3的を射る天に向かって

2射目は的に向かって放ちます。この矢が的に当たると、その年は天候や豊作に恵まれると云われています。

 1-1的祭 的に当たる.

さて、今年は豊作に恵まれるでしょうか。代表の2人の的射が終わると、その後、次々と子供達が的射を行います。・・・

 3-1的を射る



 滝馬室 氷川神社 
  埼玉県鴻巣市滝馬室1150-2


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント