FC2ブログ
        

2月2日 カラシ菜を摘み取とる

2020/ 02/ 04
                 
 
 カラシ菜に冬の終わりを噛み締める

 20200202からし菜


 埼玉県駅伝競走大会のスポット写真を撮ってから、ふゆみず田んぼのハクチョウを見に行ったのですが、かげもかたちもありませんでした。
 この冬のシーズンは、コハクチョウを見ていなかったので、オオハクチョウと一緒にいる姿を見たかったのです。

 20191216オオハクチョウ三羽

 エサを求めてどこかに行っているのかなと思ったり、あまりに暖かい日が続くので、飛び去ってしまったのかなとか、あれこれ思いを巡らしました。

 吉見総合運動公園は、昨年の台風の影響を受けて以来、ずっと臨時休園の札が立っています。
 スポーツ広場など公園として整備されていない別の場所にも、吉見総合運動公園の敷地がありますので、ちょっと立ち寄ってみました。
 テレビなどで暖冬暖冬といわれていますので、もしかしたらカラシ菜が芽生えているのではないかなと思ったからです。
 ほんのわずかだけですが、葉っぱを摘みとることができました。
若葉といった柔らかさは感じられませんでしたが、他の食材と合わせて夕餉の一品として調理しました。
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント