FC2ブログ
        

本買取 41点 \1,055

2020/ 02/ 11
                 
 百点の本を束ねてブックオフ買い取り価格は千円ちょっと

  1-1YAWARA

 和辻哲郎、岡潔、井上靖、大江健三郎、安部公房、椎名誠、池井戸潤、村田沙耶香、浦沢直樹、雁屋哲、古谷三敏、エトセトラ・・・
 思い出深いあれこれの本、今回で何度目の手放しになったのでしょうか。
 次回は、思い切って神田の古本屋さんに来てもらい、私の蔵書一切を引き取ってもらおうなどとも思い始めているところですが、どうなることになるのやら・・・

 「YAWARA!」〈浦沢直樹〉、「美味しんぼ」〈雁屋哲〉、「BAR レモンハート」〈古谷三敏〉のシリーズは、それぞれナンバー1~4までしか手元になかったので、今回段ボール箱に詰めました。

 1-3 美味しんぼ

  1-2 BAR レモンハート

 「メゾン一刻」〈高橋留美子〉シリーズは全巻揃っていて、なおかつ全て初版本ということもあり、もうちょっと手元に置いておくことにしました。


 100冊を超える本をBOOK-Offに運び込みました。
 買い取りは、41点で、〆て1,055円でした。
 終活の一端での身辺整理ですので、値段のつかない書籍も全てひきとってもらいました。
 〈頒布価格4,000円(税別)の蔵書も、値が付きませんでした。*家に戻ってから、ああいう類の本は、古本屋に見てもらうべきだったなと、ちょっと後悔の念が生じました。〉


 2-1 買取41点.jpg


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント

        

たくさんの書籍をお持ちだったのですね。
私は殆ど図書館を利用させていただきました。
どうしても手元に置きたいものは買いましたが、2回以上は読まなかったような。
あっ、3回読んだものを思い出しました。
70歳を過ぎてすぐ、脊椎の手術と骨折で、2か月以上寝た時、池波正太郎著「剣客商売」18冊です。
この作者のは本当に肩が凝らずに楽しい。
これだけは今も手元にあります。
また、読むかもしれません。
Re: 池波正太郎さん
> > たくさんの書籍をお持ちだったのですね。
> > 私は殆ど図書館を利用させていただきました。
> > どうしても手元に置きたいものは買いましたが、2回以上は読まなかったような。
> > あっ、3回読んだものを思い出しました。
> > 70歳を過ぎてすぐ、脊椎の手術と骨折で、2か月以上寝た時、池波正太郎著「剣客商売」18冊です。
> > この作者のは本当に肩が凝らずに楽しい。
> > これだけは今も手元にあります。
> > また、読むかもしれません。
>
>
> 池波正太郎さんの本!
>

>
> こんばんは。
> 池波正太郎さんの本は、ほとんど読んだことがありません。
> 現在手元にあるのは、「日本剣客伝 上巻」〈発行所朝日新聞社.昭和43年3月25日第1刷発行〉の本ですが、それも、氏が著した全編小説ではなく、5人の作家が分担して書き込んだ≪第1番塚原卜伝〈南條範夫著〉、第2番上泉伊勢守〈池波正太郎著〉、第3番宮本武蔵〈司馬遼太郎著〉、第4番小野次郎右衛門〈柴田錬三郎著〉、第5番柳生十兵衛〈山岡宗八著〉≫一冊だけです。
>  読みやすい本というと、かなり以前のことにはなりますが、赤川次郎さんの本を乱読していた時代もありました。彼の本も全て購入したものでしたので、あっというまにたまり始めましたので、姪にすべてをひきとってもらいました。
>  遠藤周作さんと、北杜夫さんの本は、読みやすい本と読みごたえある本の両者を、今も段ボール箱に詰めて保存しています。
>  ・・・
>  二人三脚の写真も合わせ、いつも楽しみにブログを拝見しています。