FC2ブログ
        

水沢なおさん 第25回 「中原中也賞」受賞

2020/ 02/ 10
                 
 詩碑訪ね墓前に偲びはや4年中原中也追憶のひと

  3-1中原中也詩碑.


 2020年(令和2年)2月9日(日曜日)、読売新聞全国版朝刊の社会面下段に、「松〈たかこ〉さんアカデミー賞へ」、「〈ビート〉たけしさん再婚」の記事の後に、「中原中也賞に水沢〈なお〉さん」の記事が載っていました。

 ≪ 優れた現代詩集に贈られる「第25回中原中也賞」(山口市主催)の選考会が8日、山口市で開かれ、東京都在住の会社員水沢なおさん(24)の「美しいからだよ」が選ばれた。詩人の佐々木幹郎さんら5人の選考委員から、「若い世代の社会的風俗をとらえた詩句が多く、詩にあまり触れていない人でも読みやすい」などと評価された。同賞は現代詩人の登竜門とされ、今回は224点の応募・推薦作が寄せられた。≫

≪※註:中原中也生年と没年…「現代詩読本・1―中原中也―思潮社」(発行日1978年7月1日).中原中也年譜による=1907‐明治40年4月29日、吉敷郡山口町大字下野令村(現山口市湯田温泉)に生まる。1937-昭和12年10月6日、鎌倉養生院入院。同22日午前零時10分永眠。24日寿福寺で告別式、後、郷里の経塚に葬る。≫



 中原中也賞に水沢なおさん
 詩集「美しいからだよ」

2020/2/8 20:18 (JST)2/8 20:29 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
 4-1提供元 共同通信 2月8日 20:18

中原中也賞に決まった水沢なおさん
 若手詩人の登竜門として知られ、優れた現代詩集に贈られる「中原中也賞」の選考会が8日、山口市で開かれ、東京都の会社員水沢なおさん(24)の「美しいからだよ」に決まった。会話調で進む物語で「現在の日本の社会を描くのに、最も効果的な手法だった」と評価された。
 選考委員を務めた詩人佐々木幹郎さんは記者会見で「自分の存在感の薄さにとらわれている時代だが、そのことが詩集の中で浮かび出てくる」と指摘。「若い人に確実に届く詩だ」と語った。水沢さんは「これからもひたむきに、詩と向き合っていきたい」とのコメントを出した。
 賞は今回が25回目で、224点が選考対象になった。



 中原中也賞に水沢なおさんの「美しいからだよ」 現代詩人の登竜門
2/8(土) 19:54配信  毎日新聞

 現代詩人の登竜門、第25回中原中也賞(山口市主催)の選考会が8日、山口市であり、東京都の会社員、水沢なおさん(24)=本名非公表=の「美しいからだよ」が選ばれた。小説に近い物語性を持つ作品など13編を収録。選考会では「若い世代の社会風俗をとらえた。詩のプロからすると『薄すぎる』かもしれないが、若い人にはものすごく読みやすい」など、将来の可能性が評価された。水沢さんは「地層を掘り起こすようにしてうまれた詩集です。これからもひたむきに、詩と向き合っていきたいと思います」とコメントした。【祝部幹雄】



 山口・中原中也賞に水沢なおさん
yab山口朝日放送
最終更新:2/8(土) 18:14

優れた詩集に贈られる「中原中也賞」の受賞作品が発表され静岡県出身水沢なおさん(24)の作品が選ばれました。中原中也賞は山口市出身の詩人中原中也の業績をたたえ、新鮮な感覚を持ち優れた詩集に贈られます。今回は全国から224点の応募がありました。選考の結果静岡県出身水沢なおさんの作品「美しいからだよ」が受賞しました。会話体で詩が書かれていて小説に近い作品になっています。選考委員の佐々木幹郎さんは「軽いタッチながらも現代における自己の存在を浮かび上がらせる作品。若い人にとっても詩への入り口になるのでは」と講評しました。水沢さんは「これからもひたむきに詩と向き合っていきたいと思います」とコメントしています。

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント