FC2ブログ
        

さきたま緑道彫刻プロムナード8

2013/ 04/ 04
                 
恋の季節

 昨日の夕方、外出先でスズメが三羽戯れているのを偶々目にしました。
 よく見ると戯れていたと思ったのは間違いで、オスの二羽がメスの争奪戦をしているようです。
 メスらしき一羽が、二羽の近くでチョンチョンと軽く跳びはねてます。
 二羽は上になったり下になったり取っ組み合いをしています。
 片方がクチバシで相手の喉を咥えたまま離しません。
 一方は固まったように動かない状態が続きます。
 すると、今度は防御していた方が、突然逆襲に応じて、相手の喉を咥えます。
 しっかりと咥えてまるで息の根を止めるかのように攻撃を続けます。

 今度は、空中戦です。
 空中で、上に行ったり下に行ったり、二羽は突っつきあいます。
 一羽も、その二羽に合わせ、空中を一緒に飛び交います。

 メスと思われる一羽は、相変わらず、取っ組み合いしている二羽の間をいったりきたりしています。
 片方のオスに恋心を抱いているので、心配で様子をみているのでしょうか。
 それとも、勝者がどちらになるのかを見極めているのでしょうか。
 どうなんでしょう。

 同じことを二羽と、一羽は、何度も何度も繰り返しています。

 そして、三羽はパッと離れて視界から消えていきました。


4月1日の彫刻プロムナード 

 カモのつがい 
 こちらは二羽が仲良く、それぞれ一緒になっています。
 カモの夫婦①


 -43-
牛 43 1

牛 43 2
 さきたま緑道には、毎年遠足の子供たちがたくさん訪れると聞きました。
 作品に直接触れ、愛されるものとしたため、台座をなくし、低い位置に設置しました。彫刻との触れ合いを通じ、未来を担う子供たちが、牛の瞳のような優しい心を持ち、想像力豊かに育ってほしいと願っています。
 増田幸雄 (静岡県)


Silent Language  -42-
silent language -42- 2

silent language -42- 1
 円と三角形によって立体を構成することを意図した作品で、四つの円と三角形の割合の変化の中で模索した組み合わせの一つです。
 しかしながら、そんな作者の意図にとらわれず、広い空間の中での作品の自由な印象を優先し、大切にしてほしいと思います。
 安田明長 (東京都)


カモの夫婦②









関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント