FC2ブログ
        

「吹上祭囃子」鴻巣市制65周年記念 郷土芸能まつり

2020/ 02/ 28
                 
 上下の祭囃子の太鼓の音御輿に山車に郷土を担う

  26-3吹上祭囃子


 ≪ 江戸時代になると、江戸に栄えた様々な文化が地方に次々と伝播していきました。江戸神田囃子の流れを汲むといわれるお囃子が、吹上の本町に伝わったのもいわば至極当然のことであったといえます。その起源については、今となっては長い時代のベールに包まれて詳らかではありませんが、明治9年の(吹上)上町大火で山車が焼失、山車の人形は平景清と伝えられています。お囃子は悪疫退散や五穀豊穣を願って、夏の天天王様には御輿のぶつけ合いと共に盛んに奏でたといいます。

 26-1吹上祭囃子

 楽器の構成は、大太鼓1人、小太鼓2人、それと鉦と笛が1人ずつ加わる江戸囃子の構成で、演奏曲目は総称して「天王様の太鼓」と言われています。 〈吹上祭囃子保存会〉 ≫


 26-2鯛を釣る

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント