FC2ブログ
        

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は・・・

2020/ 04/ 27
                 
 ボタンだと思って愛でる花音痴

 13-1シャクヤクツボミピンク一輪


 花を見る限りにおいて、ボタンとシャクヤクの違いを見分けるのは難しいのだそうです。
 〈わたしなんぞは、ダリアなども十把一絡げにするような花音痴です。〉

 13-4ピンク花とツボミ

咲き始めですと、ツボミのかたちで見分けることができるそうです。先が尖っているのがボタン、球体をしているのがシャクヤクとのこと。

 13-2シャクヤク赤.

葉の形でも見分けることができるそうです。葉は薄くツヤがなく大きく広がる葉の先はギザギザした形がボタンで、葉に厚みとツヤがあり葉の先にギザギザがないのがシャクヤクとのこと。
 他にも香りで見分ける(シャクヤクはバラに似た甘い香りがし、ボタンは大抵は香りが少ないのが特徴〈品種によっては香りが強いものもある〉)方法など、あるとのことでした。

 13-3シャクヤクピンク


◇◇◇次の文章を「峰亜由美氏・LOVEGREEN」サイトより、まるごと転記させていただきました。◇◇◇
芍薬(シャクヤク)と牡丹(ボタン)は花を見るだけではその違いが分かりにくく、英語ではpeonyと同じ名前で呼ばれている程です。見た目はよく似ていますが全く違う植物で、牡丹(ボタン)は「落葉低木」、芍薬(シャクヤク)は「多年草」として属性も違う植物です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉がありますが、なぜ立ち姿が芍薬で座った姿が牡丹なのか?
立ち姿と座った座った姿に例えられる理由
• 牡丹・・・落葉した低木の幹から、新芽を出し花を咲かせる事から座った姿に見える、落葉低木。
• 芍薬・・・季節になると、地面からスッと伸びた茎の先に花が咲く事から立ち姿に見える、多年草。


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント

        

はじめまして。
ブログ
訪問者の足跡からこちらに伺いました。
つぼみが丸いのが芍薬...ああそういえばそうだわ!と。ひとつ賢くなれました。ありがとうございます。
屈託なく花を眺められる日が一日も早く戻ってきますように。
また私のブログにもお越しくださいね。

日々のうつろい…
> はじめまして。
> ブログ 訪問者の足跡からこちらに伺いました。
> また私のブログにもお越しくださいね。

こんにちは。
ご訪問頂きありがとうございます。
初めまして。
家に閉じ籠っていることが多くなったこのごろ、
ちょっと小太り気味になってきました。
皆さんのブログを見ながら、日々、世間の風を受けるような
気分にひたるようにしています。
hitori-no-arukikata 様のブログ、これから
どんな様相を呈していくのか、おりにふれて、
わが身に照らし合わせながら拝読させて頂きます。
 どうぞよろしくお願いいたします。