FC2ブログ
        

遠藤周作の怪奇小説 『生きていた死者』

2020/ 06/ 20
                 

 周作氏怪奇小説あれこれと書いているとはつい知らなんだ

 5現代怪奇小説集


『遠藤周作怪奇小説集』は昭和45年(1970年)に刊行されました。
昭和35年(1960年)、「週刊新潮」に「周作恐怖譚」を連載後、『蜘蛛』という単行本にまとめました。
それに新作四編を加えたものが『遠藤周作怪奇小説集』です。
その中の一編が『生きていた死者』です。

 『現代怪奇小説集・下』〈編者=中島河太郎・紀田純一郎.発行所=株式会社立風書房.1982年5月10日重版〉は、半村良の『箪笥』が載っていたので買い求めた本なのですが、その中に遠藤周作の『生きていた死者』があることに、つい近頃気が付きました。

 ただいま、全集ものや諸作家の著作本を整理整頓している真っ最中です。
 半村良作品は、86冊〈うち同じ本が5冊〉ありました。
 そのうちの1冊のみ、この『現代怪奇小説集』だけが、他の作家の作品と並んで掲載されたものです。
 
 その中に、偶々見つけたのが、遠藤周作の怪奇小説の一遍だったというわけです。

6-1半村良86冊

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント