FC2ブログ
        

さきたま緑道 彫刻プロムナード 11

2013/ 04/ 21
                 
穀雨
 広辞苑 発行所株式会社岩波書店 昭和39年1月15日 第1版第12刷発行
 (春雨が降って百穀を潤す意)二十四節気の一。太陽の黄経が三〇度の時。春の季節中の最後。陽暦四月二十一日頃。
 大辞林 発行所株式会社三省堂 1988年11月3日 第1刷発行
 [百穀をうるおす春雨の意]二十四節季の一。三月中気。太陽の黄経が三〇度に達した時をいい、太陽暦で四月二〇日頃。

 今年の「穀雨」は、昨日の4月20日でした。
 このところ寒い日が続いています。
 そして昨日から雨が降り続いています。
 お昼前には雨があがるようですが、寒気はずっと続きます。



4月の彫刻プロムナード
 4月9日は撮影日和でもありました。

男と女かな -37-
人体の持つやさしさや、力強さ、樹の幹の持つ生命観。
 そうした僕自身がいつも持っていたものを抽象とも具象ともいえる形にしました。
 これ、男と女かな?
なんて思ってみてもらうのも、たのしいなと思っています。
 黒田峰夫 (京都府)
男かな女かな?⑤


お日様の下で -36-
奥野誠 (埼玉県)
お日様の下で ① 
お日様の下で② 説明文


 -35-
尾崎真 (愛知県)
和①
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント