FC2ブログ
        

さきたま古墳群ガイドツアー

2013/ 05/ 06
                 
コバトンさきたま古墳群①

 5月6日、埼玉古墳群ガイドツアーに参加しました。
 ここ埼玉(さきたま)の地はかっては40基を超える大小の古墳が点在していました。
 今、大型古墳としては前方後円墳8基、円墳1基の合わせて9基が残されています。
 そのうち、丸墓山古墳は円墳としては日本一の大きさといわれ、墳高は18.9m、径は105m。
 また、二子山古墳は前方後円墳としてはむさしの国(埼玉県、東京都、神奈川県の一部)一番の大きさです。墳丘全長138m、後円部径70m、後円部高13.0m、前方部幅90m、前方部高14.9m。
 「金錯名鉄剣」が発見された稲荷山古墳の墳丘全長は120mで、さきたま古墳群の中では二番目の大きさです。


新緑のなか まずは埼玉県名発祥の地の由来説明からスタートです。
埼玉県名発祥の地碑⑤


古墳が造られた時期
 ・丸墓山古墳:出土した埴輪から、6世紀前半頃と推定されていますが、はっきりしたことは判っていません。
 ・稲荷山古墳:埼玉古墳群の中では最も古く、5世紀後半から末頃と考えられています。
 ・二子山古墳:出土した埴輪などから、6世紀初頭前後に造られたものと考えられます。


丸墓山古墳が円墳日本一の説明 (丸墓山古墳に上る前)
丸墓山古墳円墳日本一説明

稲荷山古墳からみた丸墓山古墳
稲荷山古墳から見た丸墓山古墳


稲荷山古墳
内堀、外堀(幅はおよそ7m)はこれから当時のような状態に復元しますとのことでした。
稲荷山古墳

丸墓山古墳から見た稲荷山古墳
丸墓山古墳から見た稲荷山古墳


稲荷山古墳から二子山古墳方面を望む
稲荷山古墳から見た二子山古墳①

稲荷山古墳からみた二子山古墳
稲荷山古墳から見た二子山古墳②

二子山古墳
二子山古墳


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント