FC2ブログ
        

石臼挽き自家製粉 手打そば処 いちい 令和3年鴻巣手打蕎麦処歩き

2021/ 02/ 28
                 

 蕎麦の実のたずねし先に花の波心何方(いづかた)群青の空


20-2 いちい 田舎そばアップ


 ただ一途に、益子のそばの実をずっと使い続けていると、ご主人。
 私が写真を撮っているのをみて、さりげなく、そばが水を吸っちゃいますよと、ご主人。

 11-4 いちい 筝
    〈壁にかけてあった琴。奥様が使われていた由・・・〉


 栃木県益子町には、かなり以前のこととなりますが、濱田庄司記念益子参考館を訪れたことがあります。

 濱田庄司記念館

 益子には、何回足を運んだことでしょう。

 濱田庄司作陶

 そば畑が、白一色の花の波にさざめいていました。

 345益子のそば畑

 あちこちのそば畑に足を運びました。

 益子のそば畑333

 「いちい」が取り寄せている「七井」の「常陸秋そば」のそば畑が、一番広大でした。
 「常陸秋そば」が届いたばかり、と、ご主人。

 益子に行く都度、あちこちのそば屋の暖簾をくぐりました。
 ですが、新そばの季節に訪れたことはありません。


 11-1 そば処 いちい 暖簾

 本日の「いちい」のそば。十割田舎そば〈820円〉。大盛り260円増し。

20-1 いちい 田舎そば全体.

 20-5 いちい 黒豆の煮物 お新香

 ふきのとう天ぷら〈300円〉と、きんぴらごぼう〈220円〉も注文。
 20-3 いちい フキノトウ天ぷら

 20-4 いちい きんぴらごぼう


 〆て1600円也。

  20-8 いちい お会計

 プレミアム付商品券500円券を3枚使いましたので、100円を添えて支払いました。〈実支払額は1,000円〉
 
 今はこういう状況なので、と前置きをしてご主人が指差したのは、「もりそばお奨め」の中から、「もり二八そば770円」と、「もり十割田舎そば〈限定〉820円」と、「鴨汁そば二八そば1030円」の三つでした。

 30-3 いちい 鉄瓶

 もり十割田舎そばは十分満足のいく味でした。当然に、今日御目文字かなわなかったそばはどんな味と香りがするのだろうと思った次第です。

 40-2 お品書き3種一つ

次回伺ったときは、「極超粗挽き十割そば〈限定〉930円」を食べてみたいと強く思いました。
 
 50-1 いちい 営業時間表示板

 いちい 2 トリミング


関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント

        

こんにちは
今朝、PCを立ち上げて一番最初に拝見したのがむさしの想坊様のブログでした。
“美味しそうなお蕎麦・・・”
ということで今日のお昼はお蕎麦に決まりv-433
そば
こんにちは。
そういえば、頂きものも含めて、数種類の乾麺のそばが蓄えてあったことを思い出しました。
今はまだ寒さが続いていますので、家で食べるときは温かいそばにしようと思いました。
それでは、早速、今日のお昼にということにいたします。
 東京の学生時代、通学時の朝の立ち食いソバを思い出しました。かき揚げと生たまごをトッピングしてアツアツのそばをかきこみます。そうそう刻んだネギをたっぷりと加えてv-392