FC2ブログ
        

大むら 令和3年鴻巣手打蕎麦処歩き

2021/ 05/ 20
                 

 大むらはお江戸発祥手打ち蕎麦関八州に名前受け継ぐ

 大むら


気にかかっていた手打ちそば屋さんの「大むら」。
この日、市内にあるゴルフ場の帰途、遠回りして暖簾をくぐりました。

 手打そばうどん

 生そば 大むら 鴻巣市宮地 電話(542)7721番

 箸袋

 と、箸袋に印字されていました。
「生そば」の読み方は、食べ終わってから聞いてみようと、そのとき思ったのですが・・・。


 「大むら」の発祥の地は、御徒町だそうです。
 関東圏内で、その名前が受け継がれているそうです。
 
 私が、鴻巣にもう一つ、行田にも「大むら」がありますね、と、話したところ、 行田にはなくて、羽生に3つあるとのご返事でした。
 (後ほど、家に帰ってネットで調べたら、行田の「大むら」はうどん屋でした。)

 せいろを頼むことにしました。大盛りもできますかと聞いたところ、できますとの返事でしたので、またまた大盛りにしてしまいました。
 これもお品書きになかったのですが、野菜天ぷらも出来ますとのことでしたので、注文しました。

 野菜天ぷら

 大葉、ピーマン、マイタケ、シイタケ、ナス、そしてタマネギとニンジンのかき揚げでした。
 
 またまた食べ過ぎてしまいました。

桜エビかき揚げせいろ〈850円〉の紙が貼ってあるのが、食べ終わってから気が付きました。
  次に暖簾をくぐったときに頼もうと思いました。

 大盛り

 大盛りはもう注文しません。こんなにも量が多いとは思ってもみなかったのです。

 
 大むら建屋.J





関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント