FC2ブログ
        

関東一の祇園 熊谷うちわ祭 神威洽六合(しんいりくごうにあまねし)

2021/ 07/ 10
                 

 その夏の新しき朝明けゆけば水玉紡ぐ静寂深々


 蜘蛛の糸3


夏。
祭り。
夜店。
もどかしい夏をまた迎えました。


◇「熊谷市」公式サイトより
[・・・令和3年7月20日から22日にかけて開催が予定されていた令和3年熊谷うちわ祭につきましては、新型コロナウイルス感染症の感染状況に鑑み、「山車屋台の巡行」及び「お囃子などの音曲」並びにそれに伴う諸行事を自粛することとなりました。
なお、社殿と行宮(お祭り広場)において祭り関係者による神事及び年番送りは執り行います。・・・]


◇「関東一の祇園 熊谷うちわ祭」公式サイトより
〔・・・しかし、コロナ禍終息の目途が立たず、お囃子、山車屋台の巡行は断念し、昨年同様に神事のみのお祭という苦渋の決断をさせていただきました。
昨年より、『神威洽六合(しんいりくごうにあまねし)』という言葉を八坂神社宮司より賜りました。「神様のお力が東西南北天地と六の方向に向けられ、世界中、更には宇宙にまで行き渡らせ、祭りを通じて皆様に御利益を行き渡らせる。」という意味だそうです。八坂神社は疫病退散を本意にした神様を祀っておりますので、今のこのご時世に最適な言葉だと思います。
本年は昨年とは異なり、より一層神事に対して重きを置くため祇園柱と行宮を設置致します。コロナ禍に打ち勝ち、平常の生活が一日も早く取り戻せるよう、更にはうちわ祭を通して皆様に活力を与えられるよう祈願して参ります。・・・〕



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント

        

むさしの想坊さま

こんにちは~。

今日のお写真、まさに「白き玉をつらぬきたるやうなる」ですね。

『枕草子』の世界がこんなにも実感できて嬉しいです。

蜘蛛は苦手ですが、これ程美しい自然現象を生み出してくれるとなると、イメージまで変わってきそうです。
Re: タイトルなし
ばーばむらさき さま
こんにちは。
自然の現象をキャッチできたのは、まさにタイミングがあってこそv-410
きょうは、群馬県の館林に行ってきました。
花ハス遊覧船で城沼巡り30分を楽しみましたが、蓮の花の見ごろは7月末になってからということでした。
群馬県立館林美術館では、野口哲也展の作品鑑賞などで、2時間のひとときを過ごしました。
手打ちそば屋では、土、日、祝日限定の、「生粉打ちせいろ十割」のうまさを堪能できました。