FC2ブログ
        

ミンミンの鳴くさきたま古墳公園、カナカナの鳴く前玉(さきたま)神社。

2021/ 07/ 30
                 

 ミンミンもカナカナも鳴き空彼方入道雲あの日記念日


 100-3雲さきたま古墳公園より

 100-5百合その1

 100-9キスゲその3.


2021年7月28日〈水〉。

 100-13イトトンボ

朝、窓を開けた。入道雲がにょきにょき湧き出しているのを見た。
昼。入道雲の写真を撮りたいと思い、外に出た。
近隣公園に行った。木立の上に入道雲が顔をのぞかせていた。
ミンミンゼミが鳴いていた。
360度見渡せる場所に行こうと思った。
行田まで足を延ばすことにした。

 100-7キスゲその1

さきたま古墳公園の桜並木ではミンミンゼミの大合唱。
隣接する前玉神社〈「浅間塚古墳(せんげんづかこふん)」地に創建〉のスギ林ではヒグラシの斉唱。

 100-6山百合その2.





さきたま古墳公園

「さきたま古墳公園」は、およそ37万㎡で、東京ドーム(約4.7万㎡)の8個分の広さを有しています。
この公園の主体となる「さきたま古墳群」は、埼玉県 行田市の市街地から南東へ2.5kmにあり、大型古墳が集中していることで全国的に有名で、昭和13年(1938年)8月に国の史跡として指名を受け、「さきたま風土記の丘」として整備、活用されてきました。
 昭和51年(1976年)4月に、これら古墳群との調和のとれた、鑑賞、保護及び散策を目的とした公園を整備し「さきたま古墳公園」として開設され、現在も拡張整備を進めています。〈公式サイトより主文転用〉

 100-2稲荷山古墳木立の間から望む


二子山古墳、稲荷山古墳、鉄砲山古墳、将軍山古墳、中の山古墳、瓦塚古墳、奥の山古墳、愛宕山古墳、丸墓山古墳の九つの古墳には、名称とともに説明書きが添えられています。
〈その他紹介されていない、小さな古墳も点在しています。〉

 100-1稲荷山古墳全景


「さきたま史跡の博物館」と「将軍山古墳展示館」を観覧。

 100-11薄紫色の花

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント