FC2ブログ
        

鯨の竜田揚げ

2013/ 06/ 16
                 
父の日

 一週間ほど前、駅前スーパーの貼り紙に、「父の日に鯨」と書いてありました。
 午後5時過ぎ、もう売り切れているだろうなあと思いながら、スーパーの鮮魚コーナーを眺めたところ、まだ幾舟か残っていましたので買い物かごに入れました。

 「父の日に鯨」というのは、中高年男性にノスタルジアを思い起こさせるという売り手の商売戦略なのでしょうけれど、だいたいの家は、スーパーへの買い出しは女性が多いと思うんです。
 その女性陣が、「(父の日を記念して)うちのお父さんの夕餉のお料理」として、鯨肉を食卓に出そうという風に思うのでしょうか。


鯨の竜田揚げ

 お刺身用と書かれていて、専用タレもついていましたが、小学校の給食を思い出し、今晩の夕食のおかずの一品は、「鯨の竜田揚げ」にしました。
 鯨は思い出すのもうんざりという人がいる反面、やはり、昔懐かしあの味覚という人たちもいるのも事実のようです。


竜田揚げ③ 鯨の竜田揚げ②


追補
 昭和29年に学校給食法が制定された。給食は体力向上だけでなく、教育の一環としても考えられるようになる。
 (昭和30年にアルミ製1円玉が登場。)
 ※学校給食法が制定される以前に置いても、学校給食は行われている。栄養価を補うための、戦後すぐ始めた脱脂粉乳給食はその代表例。



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント