FC2ブログ
        

あの日

2013/ 07/ 09
                 
きみの瞳

 2000年6月3日は土曜日でした。
 いつものとおり、ムッちゃんに、「今日はゴルフ」といって出かけようとしました。
 彼が部屋の片隅に座り、まじろぎもせず私を見つめています。

 何かを伝えています。

 「今日は、皆のお抱え運転手だから、ゴルフに行かないわけにはいかないんだよ」という言葉が知らずのうちに口に出ています。

 彼の黒い瞳は私を見続けます。
 
 無言で正座したままで微動だにしない彼に近寄り「行ってきます」と抱きしめました。

 それが、ムッちゃんと交わした最後の言葉となりました。


この日、食欲がわかなかったので、辛い物なら少しは食が進むかなと思い、ゴルフ場のお昼ということでは、初めてカレーを注文しました。
 どうしてなんでしょう、スプーンを手にもっても、食べる気持ちが起きないのです。
 ゴルフ場で、こんなことははじめてのことです。
 見かねた同じテーブルのSさんが、食べないならもったいない。と、残さず平らげてくれました。
 ありがとう。
 
 ゴルフを初めて4年弱のこの日のスコアは95で、今までの記録のベストタイでした。
 (いまの平均スコアは95ほどです。)


 私がゴルフ場で昼食をとっているときと同じ時刻ころ、ムッちゃんは、宏有さんの座っている同じソファーに身を移し、そして息を引き取りました。
 彼が家族になって12年、13歳6か月の生涯でした。






 
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント