FC2ブログ
        

奥裾花温泉 鬼無里の湯 

2013/ 08/ 13
                 
公共の宿 信州・奥裾花(おくすそはな)温泉 鬼無里(きなさ)の湯 

 鬼女「紅葉」伝説の地で、渓流釣りを終えた後、日帰り温泉を楽しむことができました。
 奥裾花温泉・鬼無里の湯 です。入浴料:大人500円、子供300円。10:00~20:30の営業。
 住所:〒381-4302 長野県長野市鬼無里日影8855
 電話:026-256-2140
 食事処:館内にレストラン「ぶなの木」。


鬼無里の湯 正面

鬼無里の湯 コテージ



 「公共の宿」とうたっていますので、宿泊が基本です。
 洋室シングル、洋室ツイン、そして和室が揃っています。
 敷地に点在しているコテージ(冬季閉鎖:11月~3月)では、食材持ち込みで自炊もできます。

 1泊2食付き、鬼無里の湯最得プランは「郷土料理・水芭蕉」。8,400円/1人。(税込み.入湯税別途)
水芭蕉プラン 
〔夕食〕
・食前酒:りんご酒
・小鉢::三点盛り 一.竹の子の木の芽和え 一.わさびの葉の白和え 一.こごみのえごま和え
・吸物::はまぐり道明寺
・刺身::馬ロース.信州サーモン
・煮物::桜高野の焚き合わせ
・焼き物:岩なの塩焼き
・台物::地鶏の朴葉焼き
・揚物::山菜の天麩羅(ふきの塔・たらの芽・わさび塩)
・御飯::竹の子御飯
・味噌汁:長芋の赤出汁
・香の物:三点盛り
・果物::いちご
〔朝食〕
・小鉢::長芋の千切り. 冷ややっこ
・煮物::郷土料理 乾燥野菜の煮物
・焼き物:信州サーモンの塩麹漬け. 玉子焼き. わさび漬け
・台物::そばの実ぞうすい
・のり::わさびのり
・御飯::長野県産こしひかり
・味噌汁:なめこと豆腐の信州味噌仕立て
・香の物:三点盛り
・果物::三点盛り




鬼無里 裾花川
 
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント