FC2ブログ
        

信州 戸隠高原

2013/ 08/ 17
                 
戸隠神社

  戸隠神社の奥社は2㌔㍍の参道を通って辿り着きます。
 参道の入口から歩いて15分ほど、ほぼ中ほどに山門の「随神門」があります。そこから先は杉並木が続いていますが途中から勾配がきつくなりますので、20分から25分くらいみたほうがいいと思います。
 休憩をとりながらゆっくりと上ってください。
 私はカメラ担当でしたので、後姿が写っているのは、YさんとSさんです。
 Sさんは、道半ばで「もう十分」ということで、隋神門から先の道のりは、Yさんと私の2人になりました。


戸隠神社入り口表示

鳥居前 Yさん・Sさん後姿

Yさん Sさん後姿
 ❀「隋神門」が見えてきました。


隋神門

杉並木

戸隠神社 奥社


戸隠神社 奥社 御由緒
御鎮座年代古く人皇第八代孝元天皇の五年(皇紀二〇七)と云われ、神話に名高い天照皇大神が御弟神須佐之男命の度重なる非行に、天岩屋戸にお隠れになっった時、天岩戸をお開きになった神力無双の神で、海運守護・五穀豊熟・家内安全・諸災消除の神として、国民の称栄の上に高大な御神徳を恵み給う大神です。
 祭日
 ・祈年祭:五月十五日
 ・例祭::八月十五日
 ・新嘗祭:十一月二十三日
奥社 由緒




九頭龍大神

戸隠神社 九頭龍社




水霊
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント