FC2ブログ
        

秋の詩 元吉

2013/ 09/ 26
                 
 高橋元吉は、兄の死により家業を継ぎました。前橋の煥乎堂です。
 郷里では、萩原朔太郎、吉野秀雄、萩原恭次郎等と交遊を深めています。



高橋元吉 秋

秋が来た
空を研(と)ぎ雲を光らせて
侵み入るやうにながれてきた
すべてのものゝ外皮が
冴えわたって透(す)きとほる
魂と魂とがぢかにふれあふ
みな一様に地平の涯に瞳(ひとみ)をこらす
きみはきかないか
万物が声をひそめて祈ってゐるのを

 どこかに非常にいゝ国があるのを感じてゐるのだ!



日本詩人全集 明治・大正詩集 新潮社刊・所収






関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント