FC2ブログ
        

秋の詩 犀星

2013/ 09/ 26
                 
 室生犀星、草野心平など詩人たちが前橋の萩原朔太郎を訪れています。
 滞在日数も、月、年とまちまちです。
 犀星は長逗留ほどの在で、二度目の上州行では赤城山の麓の温泉で養生をしていました。
 生活の糧を得て生活もしたのが心平でしたが、その後、郷里の福島に戻り、そして再び上京します。



室生犀星 月草

秋はしづかに手をあげ
秋はしづかに歩みくる
かれんなる月草の藍(あい)をうち分け
つめたきものをふりそそぐ
われは青草に座(すわ)りて
かなたに白き君を見る



室生犀星 暮日

夕となれば悲しといへる人に
いくたり今日あひけむ。



日本詩人全集 15 室生犀星 新潮社刊:所収




関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント