FC2ブログ
        

秋の詩 心平

2013/ 09/ 26
                 
 「宮沢賢治」を世に出したのが草野心平です。
 賢治を世に知らしめるための心平の心血を注いだ努力の積み重ねにより、こんにちの「宮沢賢治」が誰からも愛されるひととなっています。
 心平は「中原中也」とともに「歴程」を発刊。詩壇に大きな足跡をしるしています。
 わが母校の校歌は、草野心平の作詞です。
 群馬県立中央中等教育学校の校歌として、今も受け継がれています。



草野心平 秋の夜の会話

さむいね。
ああさむいね。
虫がないてるね。
ああ虫がないてるね。
もうすぐ土の中だね。
土の中はいやだね。
痩(や)せたね。
どこがこんなに切ないんだろうね。
腹だろうかね。
腹とったら死ぬだろうね。
死にたかあないね。
さむいね。
ああ虫がないてるね。



草野心平 秋

左右満潮の川にはさまれ。
突堤のはては鉛の海。
枯れ葦(あし)にとまって百舌鳥(もず)。
ハガネの声は空気をつんざき。
その亀裂(きれつ)にそそぎこむ秋。

秋のはるか。

白い永遠。




日本詩人全集 24 金子光晴・草野心平 新潮社刊・所収




関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント