FC2ブログ
        

彫刻プロムナード 20

2013/ 09/ 27
                 
Metamorphosis XV-閡 -22-

閡 作品①

閡 作品②

閡 題
 戸田裕介 埼玉県



さきたま緑道 彫刻プロムナード 

 全国から公募した入選作品を第4回国民文化祭さいたま89のモニュメントとして残しました。
 設置作品制作者(50名) (平成元年11月2日~11月12日)
  主催
  文化庁 埼玉県 埼玉県教育委員会 鴻巣市 鴻巣市教育委員会 吹上町 吹上町教育委員会 行田市 行田市教育委員会 埼玉県美術家協会 第4回国民文化祭埼玉県実行委員会
  この彫刻プロムナードは宝くじの普及宣伝事業として整備されたものです。
 平成元年10月 寄贈 財団法人 日本宝くじ協会



平成の大合併

鴻巣市と行田市にまたがるさきたま緑道。
 平成17年(2005年)10月1日、川里町、吹上町、そして鴻巣市の1市2町が合併。新生鴻巣となり、人口20万人の都市となりました。
 「Metamorphosis XV-閡」の作品は、「吹上町長賞」となっています。彫刻プロムナードは平成元年に設置されていますので、時代を遺すモニュメントにもなっています。




鴻巣市の市民の日 平成24年7月1日 告示第193号

鴻巣市「市民の日」記念、「弦楽合奏団アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ」第17回定期演奏会が、10月5日(土)、鴻巣市文化センター(クレアこうのす)で開かれます。
 「市民の日」記念ということで、全席指定で入場無料です。遅ればせながら一昨日、2枚チケットを入手しました。



❀ 「鴻巣市自治基本条例」の制定を契機として、市の歴史を振り返り、愛着と誇りをもち、さらには将来を思い描く日として、鴻巣市・吹上町・川里町の1市2町が合併した日を「市民の日」とする。
市民の日 毎年10月1日

 ❀ 鴻巣市文化センター(クレアこうのす) メールマガジン
No.1平成25年9月21日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
文化センターを運営している公益財団法人鴻巣市施設管理公社が
お届けするメールマガジンです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もうすぐ公演日!

鴻巣市が設立した弦楽合奏団、
アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾの定期公演が、2週間後に迫りました。
2大弦楽合奏曲、モーツァルトの「アイネクライネ~」とチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ」の
プログラムと、N響首席トランペット奏者、菊本和昭氏をゲストに迎えての、
華麗な協奏曲2作品もお楽しみいただけます。

今年は「市民の日」記念のため、入場無料です!(入場チケットは必要です)
この機会ぜひお聴き逃しないよう!

※公演日は混雑が予想されるため、予め入場チケットをお求めいただくことをお勧めいたします。

≪アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ公演の情報≫

 【アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ第17回定期演奏会】
 2013年10月5日(土) 14:00開演(13:30開場)
 鴻巣市文化センター(クレアこうのす) 大ホール
 全席指定:入場無料
 ※未就学児入場不可
 http://clea-konosu.com/business/20131005.html

 ※クレアこうのすホームページ、クレアこうのすチケットセンター窓口もしくはお電話
 にてお求めください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 このメールは、「ネット登録」をいただいた際に、
 メールでの情報配信の希望をいただいた方に送信しております。

 今後、配信不要の場合は、会員マイページより変更の手続きをお願いいたします。       
 ※変更後、確認のメールが届きます。

 会員マイページ・ログイン画面
 https://www.e-get.jp/cleakonosu/pm/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


****************************
鴻巣市文化センター【クレアこうのす】
365-0032
埼玉県鴻巣市中央29番1号
048-540-0540
http://clea-konosu.com
****************************








関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント