FC2ブログ
        

北海道紀行道東へ⑤

2012/ 07/ 08
                 
標津

雨が降り続いています。
きょうも国後島をみることが出来ませんでした。

ホテルの窓からカモメが休んでいるのを見つけました。横殴りの風を羽で上手にバランスをとりながら同じところにじっと佇んでいました。
カモメ①カモメ②

お昼
そば処福住総本店・・・標津発チェーン店の元締めとのことです。量が多いのに吃驚しました。・左がおそば、二段重ねになっていました。・右がうどん、てんぷらをつけました。
そば処福住総本店①
そば処福住総本店②ソバそば処福住総本店③ウドン

しべついちば・・・
標津の見どころに足を運びました。
漁港から水揚げしたばかりの魚介類が、ここ、しべついちば で並べられています。カレイの種類はふだんですと十数種類とのことでしたが、あいにくの雨模様です。それでもカレイの種類がそんなにたくさんあることを初めて知ることが出来ました。
しべついちば①
しべついちば②カレイしべついちば③ホタテなど貝類

標津サーモン科学館・・・とても立派に整備されていて見応え十分でした。・北方領土館には、サーモン科学館の特別割引券が置いてあります。一般610円のところ480円で入場できますので、標津町散策ルートをそれなりに考えておくことをおすすめします。
標津サーモン科学館①
サーモン科学館②イトウサーモン科学館③チョウザメ
サーモン科学館④鱒之介
・上段左はイトウ、・上段右はチョウザメ、・下段はマスノスケ。漢字で書くと鱒之介。文字通り一番大きな鮭という意味になります。英語ではぞくにキングサーモンと読んでいます。
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント