FC2ブログ
        

大寒

2014/ 01/ 18
                 
 
 大寒やなだれて胸にひヾく曲 ・・・ 石田 波郷

 今年の大寒は1月20日です。
 冬のうちでは最も寒気が激しい期で、俳句一つひとつに「大寒」がしみこんでいます。
 大寒や転びて諸手つく悲しさ ・・・ 西東 三鬼
 大寒の一人につくる卵焼 ・・・ 諸橋 和子
 大寒の地にめり込んで深廂 ・・・ 林 翔
 大寒のくらさのゆゑか文字細る ・・・ 目迫 秩父
 

 
 城南宮 湯立神楽

 その1月20日(月)の午後2時から京都の城南宮で、一年一回一日の「湯立神楽」が行われます。

 祓神楽を奉納した後、たすき掛けした巫女が、柄杓で「天の水」をすくって大釜の湯に注ぎ入れる所作をして、釜を清めます。
 湯にお米をいれ、酒を注ぎ込みます。

 笛、太鼓の音色に合わせて舞う巫女が、両手に笹の葉の束を持ち、神がかりになったように舞踊り、笹の葉で釜の湯を散らして邪気をお祓いします。
 無病息災、願望成就を祈願します。



日の出








関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント