FC2ブログ
        

洋酒マメ天国洋酒掌辞典(上)A~I  11

2012/ 07/ 21
                 
洋酒マメ天国 洋酒掌辞典(上)A~I 11

巻頭言 より

昭和四十二年初夏、洋酒マメ天国全三十六巻の刊行が公にされ、その第一巻が発行されてから、すでに、三年の歳月が経過した。爾来、小著は洛陽の紙価を高からしめ、愛酒家諸兄諸姉の絶大な賛辞を得てきたのである。その間、編集子たちはその痩軀を鞭うち、刻苦勉励してきた。結果、頭部に酒精と酒の蘊蓄を蓄えたのである。ここに、二日酔いの頭を風に晒し、洋酒マメ天国最後の二巻に『洋酒掌辞典』を編んだ次第である。
   昭和四十五年二月

   凡例
編集方針および表示法
一、この辞典は酒の辞典としてその専門用語ならびに古今東西の事項・用語を集めた。
二、編集の主眼は、あくまで、酒の味をより高め、滋味深くすることにおかれているが、同時に、酒場で通ぶってみたいという「オーソリティ」たちの味方たることにもおかれている。
三、時として、事項・用語のセレクトに偏向があるが、それは、編集子の片手のグラスの酒が、香り高く深い滋味をたたえていたからである。愛酒家諸兄諸姉の諒とせられるところと信ずる。
四、語源、語誌などは独断をもってこれを記したが、しかし諸家の説を広く参酌し、厳正を期した。主たるテキストは次の通りである。
~以下、略~

洋酒マメ天国第11巻     発行所サントリー株式会社
著者洋酒マメ天国編集部   昭和45年2月30日発行
 
洋酒マメ天国11洋酒掌辞典(上)A~I
❀カバー・柳原良平
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント