FC2ブログ
        

木曾三社神社・芭蕉句碑 -9-

2014/ 02/ 15
                 
 旅先でときおり「芭蕉句碑」をみかけます。
 全国でどれほどあるのでしょうか。
 
 木曾神社の境内には、芭蕉句碑が二つ置かれているとのことでしたので、あちこち見て回りましたが、「木曾三社神社」のパンフレットに載っている芭蕉句碑の一つを見つけるにとどまりました。


芭蕉句碑 木曾三社神社境内①
           芭蕉翁
 枯枝に烏のとまりけり 秋の暮 
             無満書

[陰]天保七季丙甲花節建立
    稲の香の来たり神風 まつのかぜ
             無満   
 ①天保七年(一八三六)九月
 ②藍沢無満社中建立
 ③藍沢無満筆
 ④勢多郡北橘村下箱田滝 木曾三社神社 
                

 田中昭三氏編による「芭蕉塚蒐」には、木曾神社境内にもう一つの句碑を載せています。
 (二つの句の記録は何れも、田中昭三氏のご子息のホームページ「草の道」より引用しておりますことを、申し添えさせて頂きます。)
 
 春なれや名もなき山の朝霞   芭蕉翁

[陰] 冬木立空さの春をまつものを  羅明
 ①慶応四年(一八六八)四月十八日
 ②根井行雄らの建立
 ③
 ④勢多郡北橘村下箱田滝 木曾三社神社


 1990年11月28日付の、田中昭三氏の「芭蕉塚について」の本文中に、近江の芭蕉句碑のことが述べられています。
 昭三氏のご子息もまた、父君の足跡を辿って、母君とともに、滋賀の義仲寺などあちこちを巡っています。

 その近江の海の畔には、義仲の乳飲み子兄弟であり、そして義仲の四天王として名高い、今井四郎兼平の墓があります。兼平庵では、毎年今井兼平墓前祭が1月21日に開かれています。今年も大津市の職員の方もお見えになっていました。

 知る人ぞ知る「兼平餅」。
 今年は旅の途中という事もあり、リクエストしていなかったのですが、箱田のご夫妻よりそんなにかさばるものでもなし、一堂に会した記念に・・・という温かいお言葉をかけてもらいましたので、有難く頂戴致しました。

兼平餅⑤

亀屋廣房

兼平餅 由緒前段

兼平餅 由緒後段



関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント