FC2ブログ
        

在りし日

2012/ 07/ 22
                 
じゅんこさん いかがおすごしですか -8-

在りし日のMUCCHAN


☆あるときのノック
これからいよいよ暑さ本番を迎えます。
夏の陽射しが眩しいとある昼下がり、彼は右の前脚でトントンとガラスの扉をノックし外に出してくれと催促します。
こんなにお日様が照っているのに、彼はゴロンと横になって日光浴をしながら目を瞑っています。
そしていっときも経つと、もう満足と私たちに目で合図しながらこちらに近づき、またトントンと軽くガラスの扉をノックします。
(※犬は太陽光を浴びることにより、ビタミンDを体内で生成するということを、後になってから「ムツゴロウの動物王国」で知ることとなりました。)

☆☆またあるときのノック
これも真夏のある日です。
庭にいた彼がトントンとガラスの扉をノックします。何かと思ってぬれ縁に目をやると、そこにクワガタムシが一匹、背を下に向けて四つの脚をバタバタさせていました。どうしたらいいのというように、彼はこの生き物にそっと鼻をくっつけて私たちにさし示します。
ps.葉っぱと草の間の陰でひっくり返って両脚を宙に浮かせてもがいている大きなカブトムシを見つけた時も、全く同じように、宏有さんに教えたということです。彼がガラスの扉を軽くノックした後、その場所に戻り、目で合図しながら鼻先を使ってここにいるよ、と。

☆☆☆ノックできないときもある
夏、スグリの木陰で休んでいた彼が、困った表情をしてオバチャンに助けを求めにガラスの扉に近づいてきました。飛び石の上にそっと片方の前足を置きその足を上げ下げしながら地面を踏めないという動作を繰り返します。どうしたのかと彼女が彼の足の裏を見るとスグリの棘が肉球に刺さっているではありませんか。
ということを家に戻ったきた私は、宏有さんに聞いたのですが、彼女は危ないからという理由で、私に一言の相談もしないで、二つあったスグリの木を即座に根こそぎにしてしまっていました。これはどういうことかと私の側からダメ押ししますと、たわわに実っているはずのスグリの木があとかたもない状態になっていたということです。わざわざ群馬の下仁田の奥の方まで行ってようやく手に入れた珍木をです。

☆☆☆☆あるときの肩タタキ
平日の朝、体が重く気持ちが萎えたままの状態で寝床に入った状態でいると、彼が近くに寄ってきて私の肩をトントンと軽くたたきます。今日は会社に行く日でしょう?と、彼の眼は問いかけています。
休日の朝と、勤めに出る日の朝との私の動きの違いを、彼は私たち以上に本能的によく理解しています。
私たちに投げかける彼の顔の表情と彼の行動パターンが、今日が休日なのかそうでないのかで全く違いますので,
贔屓目に見なくてもその違いは歴然です。休日の朝の彼の活き活きした表情を見た人でしたら、どなたでも納得することでしょう。

☆☆☆☆☆夫婦喧嘩は犬も食わない
彼がわが家に来てパートナーになったとお互いが感じた頃、私たちは口げんかをしました。
その時彼のとった行動は!?
そう、そうなのです。まず初めに私に跳びついて、ツマラナイ言い争いはヤメロと動作と目で表し、次には踵を返して宏有さんに前脚を出してお互いにヤメテ。と目で訴えかけながら一生懸命自分の気持ちを二人に伝えます。
犬がけんかの仲裁?と思うでしょうが、犬であれ人の子であれ家族は皆一緒。仲たがいしてはだめですよ。と、彼は私たちに伝えたにすぎません。
そしてその後です。当時の私たちは時折口げんからしきものをしていたようですが、夫婦喧嘩は犬も食わない。とはよくもいったものです。あれ以来、二人の間に割って入ってくれません。歯牙にもかけないといったところを態度で示しています。


むっチャンは何れの時も気持ちを私たちに伝えるときに、一言も吠えもせず鳴きもせずでした。

関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント