FC2ブログ
        

オリンピック

2012/ 07/ 28
                 
オリンピック

☆オリンピック東京大会
・西岸良平原作の、映画「All Ways の 三丁目の夕日」。薬師丸ひろ子さんが出ていました。本当はまだまだ早すぎるのですが、いつのまにかお母さん役になっているお年頃になっているんですね。ロクさん役の堀北真希は、初々しかったです。原作の六さんは男の子でしたが、真希さんのロクさん、適役でした。
・三丁目の夕日の舞台となっていた当時、東京オリンピックの年、1964年(昭和39年)。記念メダルが発行されました。新聞広告が出てすぐ、金、銀、銅の三つのメダルを注文しました。・・・それからかなり経って販売初日、時計屋さんがわざわざ自転車に乗って持ってきてくれたのですが、何故か、銀と銅の二つのメダルだけ。三つ一緒でなければ意味がないといって、一度は要らないと断ったのですが、思い直して手元に置きました。今では、やはり記念になっています。
※当時は、地元で由緒ある大きな時計屋さんが、いろいろな記念品などの購買窓口になっていました。

1964オリンピック東京大会記念メダル

☆☆オリンピック種目
・1940年(昭和15年)の東京オリンピックでは、サッカー、体操、柔道などが競技種目としてあげられていましたが、1938年に大会開催返上と決まり、幻のオリンピックとなりました。何れも当時は女子の参加種目ではありませんでした。
・実際に、男子柔道がオリンピックで最初に競技種目となったのが1964年の東京オリンピックからです。これとても1968年には種目から外され、ようやく1972年のミュンヘンオリンピックから正式競技の一つとなりました。
・また、女子選手がオリンピックに参加出来るようになった年を調べたところ、サッカーは1996年のアトランタから、柔道は1992年のバルセロナからとなっていました。
・一方、体操で日本女子選手が参加できるようになったのはいつからなのか、あちこち探してみましたが、はっきりした記述を見つけることが出来ませんでした。多分ということになりますが、池田選手が参加した1956年のメルボルン大会からだったようです。 (※歯切れが悪くてスミマセン)
・ps.池田敬子さんは、1954年、ローマで開かれた女子世界選手権大会に日本人女子としては唯一人出場し、見事優勝しました。観客の誰もが名前も知らなかった小さな日本人の演技に嵐のような賞賛の拍手をおくったと、そして、その華麗な流麗なさまを表現して「ローマの妖精」とまで言われたと、当時の新聞は語っています。
(※ところで、オードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日」はいつ上映されたのでしたでしょうか)
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント