FC2ブログ
        

安曇野

2014/ 05/ 21
                 
 きょうの安曇野。
 常念岳の頂きは見えていたのですが、カメラを向けたときは、ほとんど顔を隠すところでした。

 先週土曜日の予定を今日に。
 訪れる時に、必ず通る道にかかる橋の名を、等々力橋といい、川の名を万水川といいます。
 田植えの時期になると、そこかしこの川の水量が豊かになります。
 きょうの万水川は、いつにもまして、滔々と流れていました。

 きょうのランチ。
 「 RANOCCHIO (ラノッキオ) 」。
 イタリア語ですが、日本語では「蛙=カエル」です。
 「かえる」を私風に解釈してみますと、「お客様に満足して帰っていただく。お客様にまた帰ってきていただく。」という意を込めたメッセージが入っているのかな・・・などと。
 マスターに、店名の由来を伺っていませんので、穿ちすぎかもしれませんネ。
  店名の前に「TRATTORIA(トラットリア)」と、書かれています。イタリアの大衆向きの小さなレストランを表しています。写真で見るように、蛙の声が聞こえる、田園風景の中に溶けこんでいるレストランという装いを醸し出しています。

 帰りの車中の正面に、虹の左端の袂だけがうっすらと浮かんでいるのを見ることが出来ました。
 とてつもなく大きな半円を描く脚の部分の七色です。
 上り下りの列車が行き交う踏切で、停まっていた時間はどれくらいだったでしょうか。
 「フッ」と、というか、「スッ」と、というか、レインボーの残像も、いつのまにか消え失せていました。
 

きょうの安曇野②
 きょうの安曇野

きょうの常念岳①
 きょうの常念岳

万水川①
 きょうの万水川(等々力橋より上流を見る)

万水川②
 きょうの万水川(等々力橋より下流を見る)

ラノッキオ①
 TRATTORIA・PIZZERIA RANOCCHIO



ラノッキオ ナポリピッツア&パスタ

トラットリア ラノッキオ 安曇野


追補
イタリアの食事処あれこれ
「トラットリア」:大衆食堂・居酒屋風。
「リストランテ」:高級店風レストラン。
「オステリア」:高級な居酒屋。
「ターヴォラ・カルダ」:定食屋。
「タヴェルナ」:庶民的な飯屋。
「ベットラ」:食堂。
「バール」:立ち飲みのカフェ&バー。
「ピッツエリア」:ピザ専門店。





関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント