FC2ブログ
        

洋酒マメ天国 酒の立見席-2 15

2012/ 08/ 07
                 
洋酒マメ天国 酒の立見席-2 15

☆戸板康二さんの筆の運び、生き生きしています。今までは巻ごとに1回取り上げていたのですが、№15は、幾つかピックアップしてお披露目したいと思います。

今まで何気なく[乾杯]していたのですが、あらためて噛み砕いて文章を見ると、なるほど。と、思い直します。

第4章 楽しき乾杯 (新劇の酒)
乾杯
 同じ酒を同時に飲むマナーが親愛の情をあらわうものであるゆえに、乾杯ということが、おこなわれる。多人数の宴席でも、最初の一杯は、全部につぎおわるのを待ち、盃をかかげて、みんなで同時に飲むわけである。
 中国に旅行すると、カンペイカンペイで、たちまち酔ってしまう。向こうでは、ぐっと杯を飲み干して相手に底を見せるという習慣があるのを知った。
 チェリオ、プロジットネコールなど、乾杯の挨拶もいろいろ国によって違うが、日本では明治の中期に、鹿鳴館が出来たころから、この乾杯のしきたりが輸入されたと考えていい。夜会のダンスとともに、シャンパンの杯を持つ手つきをも、貴顕紳士は練習したのであろう。
 三島由紀夫作「鹿鳴館」の大詰では、天長節(11月3日)を祝う影山男爵の夜会に、明治の乾杯の姿を演じてみせる。
❀P116、P117写真:「鹿鳴館」朝子=村松英子、影山=中村伸郎 

洋酒マメ天国第15巻    発行所サントリー株式会社
著者 戸板 康二      昭和43年1月30日発行

洋酒マメ天国酒の立見席15
❀カバー:柳原良平
関連記事
スポンサーサイト



                 

コメント